2011年 11月 26日 ( 1 )

Webツール

 このごろ Facebook へのリクエストがいくつかきた。基本リクエストには応えるようにしているのだが、実はFacebookは登録したまま、ほとんど放置してある(リクエストくださった方、すみません)。理由は手が回らないこと。また、mixiを使ってきた経験を踏まえてのこと。

 SNSは、mixiを2005年の4月から使い始めていっとき随分そこにエネルギーを注ぎ込んだ(いまはmixiもほとんど放置です)。90年代のNIFTYサーブに始まり、@niftyや自前のホームページ日記、blogなどを経てmixiに行き着いた。mixiの画期的だったところは、「足あと」という機能につきると思う。それまでWebのツールは、明確に誰が見ているか?を特定するのが難しかった。しかし、mixiはそこのところを解決した。色々な意味で、webの世界が混沌としてきた時期だったからこそ、それを画期的だと感じた。
 
 しかし、僕自身はweb上において、そうした個を特定することの弊害も、mixiで色々経験した。そして、mixiの役割も、自分の中では終了したように感じている。

 Facebookについては、そのシステムを知るためにも、登録だけはしてみたのだが、そこでまた一からソーシャルな社会(重複していますがあえてこの言い回し)を構築してゆくことを、もう面倒だと感じてしまったのだ。

 また、閉じた世界に対しての情報発信についても、いまはあまりメリットを感じていない。つまりそこにエネルギーを投じる合理的理由を見出せずにそのまま放置してしまったのだ。

 ただ最近 Facebook とは別に Google+ にも登録をしてみた。こちらは少数のグループ内の連絡用として活用できそうだと感じている。ビデオチャットなどの機能を試してみようと思っている。
[PR]

by se-ji0038 | 2011-11-26 22:00 | web関係