人気ブログランキング |

2011年 11月 23日 ( 1 )

液晶画面確認用ルーペ

 b0178335_21403152.jpg カメラの背面液晶の確認用にUN モニタリングPro-MC MASUTER液晶画面確認用ルーペ UNX-8508を使ってみした。

 実はこれ以前にもモニタールーペを使っていたのですが、それは材質がラバーではなくプラスチックのものでした。しかし、この間メーカーからEOS7Dを借りて使用した際、UNX-8508が同梱されてきて、使ってみたらとても使用感が良かったので、自分でもこれを買い足すことにしたのです。

 デジタル1眼レフの背面液晶にモニタールーペをつけるのは、いわばイレギュラーな使用方法です。動画の撮影のときには威力を発揮するのですが、三脚にカメラを据え付けたまま移動などすると、材質がプラスチックだと遊びが無いので、それが何かに当たると簡単に取れてしまいます。そんなとき、ルーペの材質が柔軟性のあるラバーの方が使い勝手が良いと、比較して使ってみて感じました。

 それと取り付けについてですが、僕は UNX-8508を、いわゆる髪留めのゴムを二重にして留めています。こうしておくと、取り外しも自由にできますし、何かと便利だと思いました。見てくれはちょっとよくないのですが。

by se-ji0038 | 2011-11-23 21:50 | カメラ