開聞岳遥か

b0178335_4453728.jpg 5日の朝、白谷雲水峡線から開聞岳がクッキリ見えた。

 冬場の空気の澄んだ時期に開聞岳や大隈半島が見えることは良くあるのだが、屋久島に暮らして二年半、ここまでクリアーに見えたのは初めてだ。500mmの望遠レンズで覗いたら、錦江湾の入り口、長崎鼻の灯台施設や風力発電施設の風車まで見えた。こうして見ると屋久島と九州本土は案外近いことが分かる。

 2003年、屋久島初上陸の前に開聞岳登山をした。その時運が良ければ屋久島が見えると教えられ、海上に見かけた竹島の島影を屋久島と勘違いしたことを思い出す(あの時は本当にまだ何も知らなかった)。

 ここまでクリアーに見える開聞岳を見ながら、今あそこに登ったら、ちゃんと屋久島が見えるのだろ。また開聞岳に登ってみたいと思った。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-05 23:45 | 日々

<< 命    旅人 >>