ギョサン

b0178335_12135286.jpg 先日友人から「ギョサン」なるアイテムについて教えて貰った。「ギョサン」とは「漁協サンダル」の略で、どうやら小笠原が発祥のようだ。磯で滑りにくく鼻緒の部分が一体形成で丈夫であったことから漁業関係者ご用達のサンダルとして普及し、一般の人も使うようになり「ギョサン」の名前が定着したらしい。ギョサン検索

 このギョサンを履きこなしてこそ「島人」と教えて貰い、早速手に入れようと思ったちょうど同じ時期に南部の原にある「ノマドカフェ」を営む藤吉夫婦と知り合いになり、その店舗でギョサンを扱っていることを知り、早速お店に買い物に行った。

 ギョサンは元々漁業関係者ご用達ということで比較的地味な色使いであったのだが、最近は色数も増えてカラフルになった。折角ノマドへ買い物に来たので、他では手に入らない色にしようと思って、夫婦でラメ入りの青と紫を買った。いまのところラメ入りの男性用ギョサンを履いているのは屋久島では僕だけらしい(たぶん)。

 島のお土産としてギョサンはいかが?
[PR]

by se-ji0038 | 2009-08-19 12:27 | 日々

<< 8月は海月間    PCリカバリー >>