AF-S 70-200mm F2.8 G VR II

b0178335_5381173.jpg 海外の噂サイトの情報どおり、このレンズが発表になりました。

 スペック的にはVRが現行3段分から4段分へ進化したことと逆光に強いナノクリスタルコートが採用されたことが大きな違いで、デザイン的には現行の24-70を延ばしたようなデザインで、鏡筒の段差が無くなりました。その所為か重量が現行より70g増えているそうです。写りに関しては元々定評のあったレンズなのですが、若干周辺描写について難を指摘されていました。そのあたりの改善があるのか?実写レポートが楽しみです。

 発売は11月とのこと。直ぐにでも使いたかったので4ヶ月のブランクは痛いところです。また値段的にはポイント還元など考慮しておおよそ24万円台がほとんどです。現行モデルが17万円台なので発売までの期間差なども考えると難しい選択です。しばらく悩みます。

 またこれとは別ですが、NikonからFSA-L2という、ちょっと面白い製品が発表になっていました。DSLRとフィールドスコープを繋ぐアタッチメントです。ズーム機構を有しています。

 フィールドスコープにデジカメを繋いで撮影する手法をデジスコと言うそうですが、あるキッカケでそれを知って以来、デジスコも注目して情報集めをしています。少し前のデジスコ界はDSLRを繋ぐことに対して技術的なハードルを有していましたが、昨年あたりから、カメラの高感度特性が飛躍的に向上した関係で、DSLRを使用したデジスコも俄然注目を集めています。

 デジスコの使用目的としてやはり野鳥撮影が思い浮かぶのですが、このFSA-L2を組み合わせることによってズーミングできるというのはやはり便利だと思います。EDGフィールドスコープ85と組み合わせるとFX換算で500~1,750mmの超望遠レンズになります。しかし両方揃えたら軽く20万円をオーバーしますね。いずれもいい値段です。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-07-31 06:13 | カメラ

<< 石突き    オリジナル >>