ただ単純に嬉しい

b0178335_3174176.jpg 夕方、家の近くで友人であるK氏の車とすれ違った。バックミラーの中に、我が家の方向へ左折してゆく彼の車が見えたので、もしやウチに用事?と思って車を反転させ家まで戻った。彼はちょうど車を止めて、まさに我が家へ向かうところであった。僕は車のウインドガラスをおろして彼に声を掛ける。すると彼は、いつもの人懐っこそうな笑顔で ちょうど良かった と応えた。

 そんな彼の横には彼の婚約者が寄り添っていた。彼女は 3週間前に移住して来ました と僕に挨拶してくれた。そうなのだ、K氏がいよいよ結婚するのだ。その挨拶も兼ねて、我が家へ寄ってくれたのだ。

 7年前、僕が屋久島へ移住して初めて友達になったのがK氏だった。以来、島での僕の友人関係は、彼を起点に発展してきた枝が、いまでもとても太い。初対面で、 俺マニアだから と自己紹介したK氏は、確かにちょっとユニークなところがある。時として、先鋭的なその意見を絶対に譲らないような頑固な一面もあり、意見のぶつかることもあった。でも、基本的に人が好きで、損得抜きに他人のことに一所懸命取り組んで呉れる彼のことが僕はいまも好きだ。

 そんなK氏がいよいよ結婚するのだ。二人は、結婚を控えたカップル特有の、あの初々しさをやっぱり備えたていた。そんな二人が、なんだかほんとうにまぶしく見えた。そのときの僕の気持ちは、理屈抜きに ただ単純に嬉しい だった。

 二人と分かれたあと、僕は車をスタートさせ、ウキウキして無意識にカーオーディオのボリュームをあげた。助手席から娘が、 おとしゃん、やったね! と言って、両手を上に高くあげ、一緒に喜んでくれた。

P.S.彼らの手みやげは、甘い甘いチョコだったYO!
[PR]

# by se-ji0038 | 2013-12-15 03:33 | 日々

FRIXON BALL

b0178335_527216.jpg 最近使っていて便利だと思うもの。PILOTのFRIXON BALL。ボールペンですが、お尻についたゴムで書いた文字が消せます。

 先日東京から来たお客さんが使っていて、便利そうなので「いいですね!」と話をしたところ、わざわざ送って来てくれた。屋久島にいるとこういったモノの存在に気づくことがなかなか無いので、時々はこうして外からの情報がありがたいです。Kさんありがとうございました。便利に使っています。
[PR]

# by se-ji0038 | 2013-12-02 05:21 | 日々

バーナーヘッドとガス

b0178335_11133036.jpg 今期、コストパフォーマンスの面からバーナーヘッドをイワタニのジュニアバーナー に代えた。このヘッドは、いわゆる家庭用のカセットコンロで使っているCB缶を燃料に使えるのだ。


b0178335_11161841.jpgまたそれ以前は、プリムスの2243バーナーを使っていた。ただし燃料はやはりコスパの面からCB缶を詰め替えて使っていた。使用に関しては自己責任を伴うがつめかえ君というのがあって、これを使って詰め替えていたのだ。厳冬期においてもEPIのフリーライトチャージャー2と、EPIのカートリッジスタビライザーなどを組み合わせることによって、屋久島の奥岳とか上高地とかで問題なく使用できていた。しかし、いちいちガスを詰め替えるがめんどいと思っていたところ、鹿児島の好日山荘でジュニアバーナー を見掛けて、これはイイと早速購入したのでした。
 
 使ってみた感想として、プリムスの2243バーナーよりは重心が低くなるので安定しているし、火力も満足できるレベルであり、収納もコンパクト(スノーピークトレック900にキッチリ収まる)。気にっているのだが、来月坊がつるで雪上キャンプの予定があって、そこで使えるだろうか?と心配になってきた。というのも2243バーナーはフリーライトチャージャー2というブースターを組み合せて余熱を掛けていたのだが、ジュニアバーナーにはそうした専用ブースターが無いのだ。

 CB缶と雪面が直に接するのを避けるため、何か間にウレタンの素材を敷くとしても、家庭用のカセットガスでは心許無い。そうしたなか、CB缶形状でSOTOパワーガス ST-7601のことを知った。

 これが使えると心強いのだが。しかしST-7601を調べてみると成分にプロパンを使っている。一方、ジュニアバーナーを作っている岩谷は低温時対応ガスとしてパワーゴールド [CB-250-PG]を用意しているのだが、成分を見てみると「イソブタン:約70% ノルマルブタン:約30%」となっており、プロパンは入っていない。これをどう見るかだが、イマイチ危険なにおいがする。CB缶に限らず、いずれのメーカーも自社の器具には自社のガスを組み合せるように推奨しており、異なる組み合わせの事故においては感知しませんという立場だ。

 ここは素直にパワーゴールドを用意して行って、ダメなら上からお湯を掛けようと思っている。坊がつるなら、よもや着火しないということはあるまい。甘い?
[PR]

# by se-ji0038 | 2013-11-22 12:12 | 山道具

名前

b0178335_446488.jpg 7日晩、石塚小屋でフランス人のマーク(Marc)と同宿になった。日本が好きだというマークはこれまでにも何度か日本を訪れていて、随分日本のことに詳しい。そんな彼と焼酎を酌み交わしながら色々な話をしたが、その中で「名前」についての話題が記憶に残ったので書き留めておく。

 教師だったマークの両親は、将来息子がフランス国外へ旅に出ることを見越して、誰にでも覚えて貰えるように、フランスでもスタンダードなマーク(Marc)という名前を授けた。僕には娘と息子がいるが、全く同じ理由で日本でもスタンダーな名前である「愛」と「純」を選んだ。同行者Nさんも息子にはスタンダードな「登」という名前をつけている。この点において我々はシンプルでスタンダードな名前に好感を持つという点で一致した。

 しかし、最近の日本では当て字とも思われる難解な読み方の名前がトレンドになっている。中には読んでいるこちらが赤面してしまいそうな理解に苦しむ名前も散見する。そんな話をするとマークがフランスも全く事情は同じだと言った。ヨーロッパでも特にフランスだけだというが、従来型のスタンダードな名前ではなく、およそいままではあり得なかった名前を付けるのがトレンドになっているというのだ。その子が大人とかおばあちゃんになったとき、どうなるのだろう?!と、マークは心配していた。

 フランスがどういった事情でそうした名前のトレンドを生んでいるのか?我々には伺い知ることができなかったが、日本に限って言えば、これはおそらく、画一化教育の反動で、個性を大切に、みたいな時流や、少子化が進むなか、オンリーワンでないとダメみたいな風潮が歪んで行き過ぎた結果でないか?というのがその晩の我々の分析だった。

 その気持ちは分かる。しかし、名前であれば、まず名前として機能しないと意味が無い。読んで貰えないと呼んで貰えないし、難解な名前は覚えて貰い憎い。これはその子の人生にとって少なからずマイナスだと僕は考える。また難解と特徴的とは違う。珍しい名前でも記憶に残り易い名前というのはある。これは名付け親のセンスの問題である。皆さんはどう思いますか? 
[PR]

# by se-ji0038 | 2013-11-13 05:20 | 日々

PaaGoのアフターケア

b0178335_18361773.jpg PaaGoのパスファインダーチェストバッグ。ファスナー解れをおこして、ひと月ほど前に修理に出したのに、その後一切連絡なく、梨の礫なので、電話でどうなっているか?確認したら、丁度修理があがってきたので、今日発送するとのこと。

蕎麦屋の出前か!つーの(笑

最初の問い合わせのときは、ファスナーに不備があって似た事例があるので、場合によっては新品交換など直ぐ対応します、みたいなこと言っていたのに(コラー!

ザック側のハーネスを部品で取れないか?問い合わせたメールに対しても一切返信を呉れませんでしたし。モノがいいだけに、こうした適当なアフター対応は残念です。

電話するといつも同じ男性が出ますが、マンパワー不足で細かな対応ができないなら、できないと予め明記しておくほうが誠実だと思います。反面教師として記録しておこうと思います。
[PR]

# by se-ji0038 | 2013-10-16 18:37 | 山道具