<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

実践

 アタマの中で想像していることと、実践の間には100万光年の開きがある。何事も実践して分かるということはある。

 本日の撮影もそうだった。アタマの中でプランしていたことを現場で試したが、結果はNG。深夜に誰も来ない森の中でカメラを構えて長いシャッターを切ってみたけど、写っていたものは、事前に想像していたものから遠くかけ離れた残念な結果だった(プロならシャッター切る前に気づけよ!とも思うのだが、それでも撮ってみないと分からないということはあるのです)。

 重い機材を背負って山道を何時間も歩き、深い森の奥底で暗闇の恐怖に身震いしながらカメラを構え、それでもシャッターを切るのは、そうして撮った写真で誰かを幸せにしたいという想いがあるから。でも結果は圧倒的に空振りの方が多い。
 
 でもこうして得られた経験値の積み上げの上に、成功カットが存在する。いままでもどれだけの失敗をして、経験値を積み上げ、成功カットをものにしてきたことか。そこまでの道のりは遠いが、諦めなければ必ず撮れるはず。

 いずれにしても今回の撮影では可能性の一つは消えたので、別の可能性を試すステップに進むことにする。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-31 23:59 | 写真

台風後の森

 台風の行ったあとの森の中にはハリギリやヤマグルマなど、広葉樹のフレッシュな葉が、強い風に落とされて散乱している。中には枝ごと(あるいは幹ごと)というものもある。

 そんな落ち葉をヤクシカたちが一生懸命に食んでいる。普段の森にはここまで豊かに新しい葉は落ちていない。ヤクシカたちは食べ物を求めてあちこち移動しているのだが、こんなときは狭い範囲で多くの食べ物を得るこごとができるからか、同じ場所でずーっと食事している風景をところどこで見かけた。

 台風の大風で森は撹乱され、ところどころに大きな倒木も見られたが、こうしたことがおこると、それがあるところに恩恵をもたらすということもあるのだと、森を歩きながら思った。

 ところで、8月末の森とは思えない、まるで梅雨時のように湿潤な森。台風も含め、雨の多い8月だった。朝晩はもう涼しい風が混じる。今年は夏がなく終わってしまったような感じがしている。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-30 23:59 | 日々

話せば分かる

 先日来、チャイルドシートに乗るのを嫌がるようになってしまった娘。反り返って嫌がり、1歳9ヶ月になって力も強くなってきたことから、本人が嫌と思ったら、どうやっても乗せることができない。

 一方で、日々話せる単語も増え、言葉を介してのコミュニケーションはちゃんとは成立しないが、それでもこちらの言っていることは、かなり理解している模様。本日時間を掛けて、チャイルドシートに乗るように説得してみた。

 最初に妻が娘と二人で車へ行き、小一時間チャイルドシートに乗るように説得した。現実問題として、二人で外出する場合は、チャイルドシートに乗って貰わないと車を動かすことはできない(僕はその様子を遠くから観察)。しかし、どうやっても納得してくれない。結局乗せることは諦めて、一度家まで撤収。

 お出掛けできると思っていた娘は泣いて怒る!そこで、どうして帰ってきたのか?とにかく本人に語って聞かせた。相手が幼児とは思わず、大人の積もりで、でも言葉は選んで、理論的に説明した。ひとしきり泣いて怒った娘が落ち着いたので、今度は僕と二人で車へ。そこまで行く間も、どうしてチャイルドシートへ乗る必要があるか?一生懸命説明した。

 すると、先日からどうやっても乗ってくれなかったチャイルドシートへ何の抵抗もせず座ってくれた。これには本当にびっくり。魔法のようだった。乗せるまで時間が掛かると思って家の中で待機させていた妻を携帯で呼び、三人で買い物へ出かけた。帰りもご機嫌でチャイルドシートに乗ってくれた。

 一歳9ヶ月の娘は、相当こちらの言うことを理解している。何気なく発したこちらの言葉もちゃんと聞いて理解しているということだ。もうそうした前提で付き合ってゆく年齢になったのだと感じた。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-29 23:59 | 日々

日本列島 いきものたちの物語

b0178335_9533843.jpg 今春公開になった日本列島 いきものたちの物語 のDVDが発売になったようです。
僕のところにも見本が送られてきました。

 映画館では同時に写っていたメイキング映像に気をとられて、エンディングロールの自分の名前を見逃したので、あとで確認してみたいと思います。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-28 23:59 | 動画

現場のレポート

 24時間TVで屋久島も出てきたのですが、その後ネット上では色々な議論がされているようです。

 そんな中、現場でロケをサポートした会田さんが当日の状況をご本人の目線でレポートしてブログに綴っています。色々な考えや意見があっていいと思うのだけど、僕が知っている限り、このレポートが一番現場に近い人のものだと思うので、沢山の人に読んで貰いたいと思って紹介します。

 ケモの縄張り自然観察

 24時間テレビ「縄文杉登山」
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-27 23:59 | 日々

共感した記事

シリアで取材中に亡くなった山本美香さんが学生たちに遺した「最期の講義」前編  「それでも私が戦争取材を続ける理由」

 この記事ですが、写真を撮る立場から色々考えさられました。

 命のやり取りがある現場と、自分の撮影の現場を平行に並べて考えるのは失礼かもしれませんが、共感できるところが沢山ありました。特に、ラストの学生4の質問に答えて、「私は取材したことを世の中に伝えていくことで自分の仕事を全うしています」と回答したところには強く共感します。
 
 僕自身は自然写真を撮ってそれを世の中に発表し、それを生活の糧としています。根っこのところには、見た人が幸せを感じる写真を撮って提供したい、その対価として報酬を得ているという思いがあります。しかし、そうして発表した写真を見た人から批判的な意見を貰うこともあります。

 しかし、僕は伝えてゆくことが仕事だと思っているので、伝えてゆくことで、自分の仕事をまっとうしたいと思っていました。山本さんが同じことを話されていて、強く共感したのです。

 また、"自分自身でリスクを負っていますから、ただ用意されたものに乗っかって、写真を撮って、帰ってきて、「ほら、大変でしょ」とやるつもりはまったくない。それなりのリスクをかけているので、それで帳消しにしてよ、という感じかな。"という部分にも強く共感しました。

 僕はこれまで色々なリスクを負って写真を撮ってきました。フリーの立場で、屋久島に住んで写真を撮って生活してゆくというのは、言葉で言うほど簡単なことでは無かったです。また1枚の写真を撮るために、膨大な時間を掛けてきました。イキナリ現地に行って、ハイ撮ってどうですか?という写真は少ない。とにかく愚直に現場に足を運び、時間を掛け、その一瞬に出合って切り取ってきたのです。

 ”扇情的な編集をしたり、全く違う場面の映像をはめ込んでいるのではありません。”という部分にも共感しました。僕が伝えていることも基本的にドキュメントです。演出された場面を撮っているのではありません。だからこそ、その一瞬に出合うために、膨大な時間を掛ける必要があったのです。そのことは自分自身が一番良く知っています。そうして写真を撮ってきたことが、僕の誇りでもあります。

 
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-26 23:59 | 写真

台風

 非常に強い台風15号が近づいています。屋久島へ生活物資を運んでいるフェリー屋久島2は早々に欠航しました。25日までは大丈夫だろうとタカを括っていましたが、甘かったです。場合によっては28日の船も危ないんじゃないか?という話しも聞こえてきます。今現在時速10kmと足が遅いです。勢力が強くて足が遅いのは一番困るパターンです。

 おととい、台風に備えて食料の買出しに行ったのですが、そのときは26日までの積もりでした。しかし28日あたりまで長引きそうです。慌てて食料を買い足しに行きました。お昼前に行ったのですが、ヤクデンは未だそれほど混乱している様子は無かったです。パンの棚が少し寂しかったですが、生鮮品も普通にありました。でも明日以降、棚はガラガラになると思います。 

 僕の住む深川地区は島の北側なので風裏なのですが、午前中から既に周囲の森が風でガサガサと揺れていました。いままで何度か台風を経験しましたが、こんなことは初めてです。沖縄は直撃コースですね。ほんとうに心配です。

 別件。

 だんだんと言葉の出るようになってきた娘。ゆっくりとではありますが、「あ・い・う・え・お」が言えるようになりました。「え」の音がちょっと苦手のようで、ときどき「い」になってしまいますが。
 
 娘の名前は「愛」なので、「あいうえお」が言えるということは、自分の名前が言えるということです。試してみたら、ちゃんと「あい」と発音しました。こんなときは、シンプルな名前をつけて良かったと思います。

 それと、ご心配掛けましたが、娘の体調もようやく普通に戻ってご機嫌さんになりました。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-25 23:59 | 日々

オリジナル

 結局のところ、他人の後追いほどつまらないことは無い。最近特にそう思う。

 さりとて、なかなかオリジナルのアイディアというものも見当たらない。大概のものは世に出ている。であれば、あるものを組み合わせ、変化してオリジナルをつくるしかないのだが。

 つぶやきのような日記になってしまった。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-24 23:59 | 写真

屋久杉の武田

b0178335_62505.jpg 安房地区にある「屋久杉の武田」武田産業さんのサイトがリニューアルしました。

 トップのFlashで使われた写真は僕の撮ったものです。

 小滝のところで撮ったヤクスギの壷には三桁万円の値段がついており、撮影のときは、取り扱いにとても神経を使いましたヨ。

 
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-23 23:59 | web関係

COOLPIX S800c

b0178335_551199.jpg 前々からウワサのあったNikonのAndroid搭載コンデジが発表になった。

 コンデジ市場がスマホに喰われていることは、カメラ量販店に大規模なスマホブースが出現したのを見てもよく分かるのだが、そうした現状に対するカメラメーカー側からの一つの回答がこの機種というわけだ。

 しかし、このカメラ、果たして売れるだろうか?

 コンデジがスマホに取って代わられた、という現象の根っこは、写真を撮るという行為の先にSNSの更新がある。スマホなら直でネットに繋がっているので、撮った写真をそのままSNSにアップロード可能だ。そこでコンデジにWi-Fiを搭載し、OSをAndroidベースにしてSNSのアプリを利用可能にしたのだが、3Gに対応できないのは痛いと思う。

 いま主流のSNSはTwitterとFaceBookだと思うが、Twitterは即時性が命。だから撮影して直ぐアップするという使い方にこそ魅力がある。そういう意味でWi-Fiのみでどこまでユーザーの心をつかめるのか?ちょっと未知数。それとも、それは僕が屋久島に住んでいるからそう思うのであって、都会では3Gが無くてもWi-Fiの電波をリアルタイムで拾えるものなのだろうか?

 FaceBookにはTwitterほどの即時性は求めないと思うが、それでもスマホがあったら敢えてコンデジは要らないのでは?と感じてしまう。むしろ、レンズ交換の出来るミラーレスなどであれば、撮れる写真もコンデジとは変わるので、一定のニーズがあるように感じるのだが。いずれにせよ、このカメラが普及するかどうか?ちょっと注目してみてみたい。

 別件。

 高熱を出して具合の悪かった娘ですが、すっかり熱も下がってだいぶ元気になりました。しかし、未だちょっと下痢が続いていて具合が良くなく機嫌が悪いです。病気をすると赤ちゃん返りすると聞きますが、とにかくいま抱っこモードで抱っこしていないとダメになってしまいました(抱っこしても泣くのですが)。しかし娘の体重も既に10kg、一日抱っこしていたら、ヘトヘトに疲れました。ま、良いトレーニングにはなりますが。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-08-22 23:59 | カメラ