<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

写真の鑑賞スタイル

b0178335_14303375.jpg 年末にPS3を使って実家のAV環境を整備しました。その過程で、今後の写真の鑑賞形態についてある予感を持つようになりました。それは、写真をTVの大画面に映して鑑賞するという方法が今後加速度的に普及するだろうということです。

 地デジの移行に伴って、国内TVの大半はハイビジョン対応のものに置き換えられています。このハイビジョンTVは写真を鑑賞するのに適しています。特に画面サイズが大きくなるとそれは顕著で、そこには臨馬感すら伴います。実際に体験すると、そこに大きな可能性を感じます。そして、デジタルカメラとハイビジョンテレビは親和性が高いと思います。

 CASIOがQV10以前に開発した初期のデジタルカメラは、映像をTVに写して鑑賞することを想定していましたが、これは普及しませんでした。従来のTVでは画像が粗すぎて鑑賞に耐えなかったのでしょう。しかしハイビジョン時代になってようやくそうした使い方の環境が整ったと思います。

 しかし、そこで問題になるのがフォーマットサイズの問題です。従来の写真の主なフォーマットは4:3ないし、3:2だったのですが、ハイビジョンは16:9です。この問題をどう捉えて、いまこの時代にどう処理してゆくのか?2010年の年の瀬は、そんなことを考えていたら、もう直ぐ暮れてゆきそうです。

 みなさま、今年一年お世話になりました。良いお年を!
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-31 14:53 | 写真

PS3でDLNA(続)

b0178335_4292890.jpg PS3でDLNAの続きです。NAS内のデータをPS3をDLNAクライアントにしてTVに映すことができたので、今度はパソコン内の画像を映そうと思いました。

 DLNAサーバー用にWindows標準のMediaPlayer11を使用しました。メディアの共有機能があり、チェックを入れるとPS3のXMBにあっさりと表示。簡単にパソコン内の画像ファイルを表示してくれました。

 簡単にと書きましたが、DLNAは同一のネットワーク上にサーバーとクライアントがいないと動作しない(多分)のようです。ウチは光電話の関係で元のルーターに既存の無線LANルーターがぶら下がるネットワーク構成だったので、無線LANルーターをブリッジ接続にして無線ハブとして使用することでネットワークを整理しました。
 
 無線LANルーターのDHCPを切った関係で、パソコンには個別IPを振って、DNSも設定する必要がありましたが、なんとか無事動いてくれました。

 使ってみた感想ですが、PS3のDLNAは動作も軽快でかなり快適です。何よりPS3はインターフェースがわかり易いので、パソコンの操作ができない70歳過ぎの母親にも扱うことができました。

 これからの時代、もう従来のようなスタイルのパソコン端末ではなく、PS3やiPad、携帯電話のスマートフォンがネットワーククライアントの主流になってゆくと感じました。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-30 23:59 | 電子機器

PS3でDLNA

b0178335_4292890.jpg PS3を購入してDLNAを試してみた。

 NASの中に作った特定フォルダをDLNA設定して同じネットワーク上に置くだけで、PS3のXMBにあっさりと表示。PS3は設定変更で汎用性のあるWMV形式のファイルも再生してくれます。

 最初に戸惑ったのは、画面の縦横比がおかしく変倍されてしまったことだが、これはPS3の画面解像度を1080にすることで解消。52inchの大画面で無事動画を再生することができました。

 HX5Vの画像を初めて大画面で映してみましたが、まったく問題ありませんでした。細かく見れば髪の毛などは解像していないなど、粗が見えますが、必要にして十分という画質は確保しています。筐体のコンパクトさと、使い勝手を考えれば大満足の選択でした。

 PS3にトルネをつければ地デジ対応にもなるようです。本気で自分用にも1台買おうと思っています。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-29 23:59 | 電子機器

シリコン タジン鍋

b0178335_4423599.jpg このごろ流行りのタジン鍋。ほしいがこの形は収納に場所をとると思って躊躇していた。そんなとき、このシリコン タジン鍋をテレビで紹介していた。使わないときは蓋の部分をつぶしてコンパクトに収納できる。この商品、実は先日の、娘のお宮参りの敷物で使った。

 自分達の分も買ってあったので使ってみたが、これが良い。蒸し焼きで油を使わないのでヘルシーだし、電子レンジを使うので何より調理が簡単。そして美味しい。オススメです。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-27 23:59 |

ささやか

b0178335_6194427.jpg 姪御が作ってくれたクリスマスリースを飾って家族でクリスマス。

 こんなことをするのは何十年ぶりだろうか?ささやかという幸せを実感する年になりました。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-24 23:59 | 長野県の日々

鳥のインフルエンザ

b0178335_556406.jpg 鹿児島県出水市で死んだナベヅルから強毒性のインフルエンザが検出されたらしい。

 僕は2年前に出水平野のツルの取材に行ったことがある。そのとき調べて知ったのだが、世界にいる5割のマナヅルは出水に集まって越冬している。そうした事情から、伝染病による種の絶滅の危険は早くから指摘されてきた。今回死んだのはナベヅルであるが、現地の密集状況を見れば、それが早晩マナヅルに及ぶ危険は容易に想像できる。

 またそれだけでなく、このインフルエンザが周辺の家畜に及ぶ危険も強く危惧されている。鹿児島県は周辺の養鶏場などの立ち入り調査を始めている。鹿児島県は今年、隣県の宮崎県で発生した口蹄疫でも揺れた。年の瀬、これ以上被害が広がらないことを願う。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-22 23:59 | 新聞から

電話

b0178335_617053.jpg コミュニケーションツールとしての電話について考える。電話によるコミュニケーションというのはトラブルが起き易い。これは何故だろうか?

 以前どこかで聞いたのだが、人間が対面でコミュニケーションをとる場合、純粋に言葉だけで伝えている情報は、わずか7%に過ぎないという。つまり残りの93%は言葉以外の情報、表情やジェスチャー、声の高低・抑揚などで相手に伝えている。相手の顔が見えない電話のコミュニケーションはどこか大切なものが欠落していいるのだ。

 あともう一つ、電話というのはふいに相手の日常に割り込んで行く。この傾向は携帯電話の普及に伴って加速した。それでいて、電話を掛けた人に、受けた人の状況が伝わりにくい。これがトラブルを引き起こす温床になっていると考察した。

 いずれにせよ、コミュニケーションツールとしての電話は非常に不完全な道具なのだと認識して付き合って行かねばならないと思っている。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-21 23:59 | 日々

PS3

b0178335_5475069.jpg 突然であるが、PS3の機能を調べている。使用目的はDLNAクライアントとして。

 春に屋久島へ帰ったとき、長野の実家にいる両親に娘の成長の様子を動画で見せてあげたいのだが、どうせならそれを先日買った52inchの大画面TVに映したい。

画面にパソコンを繋げば良いが、いちいちそれをするのは面倒だし、親父はともかく、お袋にパソコンの操作はハードルが高い。そこでPS3を考えた。

 PS3をDLNAクライアントとし、同じネットワーク上にいるNASをDLNAサーバーとして、そこからデータを呼び出しTVに映すことは、多分お袋にもできそうだ。あとは屋久島から実家のNASにビデオ映像を投げてあげれば良い。原理的には可能なのだが、本当に目論見どおり動くだろうか?

 もう少し研究が必要のようです。しかし、僕はゲームに興味が無いので、PS3はノーマークでしたけど、この端末調べてみると本当に高機能ですね。色々な使い道がありそうです。自分でも1台欲しくなりました。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-20 23:59 | 電子機器

いい天気

b0178335_527618.jpg 雲ひとつ無い快晴の長野県松本市です。北アは冠雪して真っ白です。午前中こまごました家事をして、お昼前から娘を連れて叔父の家まで。娘はご先祖様に初お目見え。

 帰り道、昨日満足に写真を撮ることができなかったので、神社に寄って娘と妻のポートレートを撮影。光の状態が良くなく、ちと不満足な結果となってしまった。

 家に帰り着きお昼を食べてから娘をお袋に預けて、妻とこまごまとした買い物へ出かける。日曜なので、大型店舗は人で溢れている。そこから帰るともう娘を風呂に入れる時間。風呂、食事と終われば既に就寝時間。しかし最初のうちあまり手が掛からなかった娘がこのごろ夜グズグズ言うようになり、最近は2時間おきに起こされるようになった。なんだかちっとも寝た気がしないまま、また朝になる。

 
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-19 23:59 | 長野県の日々

お宮参り

b0178335_4565226.jpg 18日の大安は娘のお宮参り。遠方に暮らす妻の両親も車で駆けつけてくれ、弟家族も加わって、賑やかな集まりとなった。

 屋久島を出るときは、とにかく出産のことばっかり気にしていたので、出産後にこういった儀式が控えていることまでアタマが回らなかった。スーツの類を全部屋久島へ置いてきてしまったので、ブレザーなどを羽織ってそれらしい支度で出かけることとなったが仕方なし。遠方へ里帰りする場合は、もっと周到な準備が必要です。娘は当然何も持たずに生まれ来たので、こちらで一揃い新調し、艶やかな装いとなった。掛け着の図案は松本手まりをモチーフにしたものです(バタバタで写真をロクに撮れなかったのが悔やまれる)。
 
 あぁ、しかし初めて子だからか、子供が一人生まれると、大忙しですね。お宮参りは自分達の結婚式よりも疲れた気がします。娘もその晩は興奮したのか、なかなか寝付きませんでした。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-18 23:59 | 長野県の日々