<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

屋久島ヒトメクリ.創刊

b0178335_4301172.jpg 屋久島発の活字文化を長年に渡って支えてきた「生命の島」が年頭に終刊を迎え、その後を引き継ぐ新たな活字媒体の発刊を待ち望む声が方々からあがっていましたが、生命の島で編集スタッフをしていた佐藤未歩氏が、「屋久島ヒトメクリ.」を12月1日に創刊します。

 ご縁があり大沢成二もその中で「わたしの大好きな屋久島の風景」という連載を持つことになりました。ぜひ皆さんにも雑誌を手にとっていただきたく、ご案内を差し上げます。


▼以下転載▼-------------------------------------------

「屋久島ヒトメクリ.」は屋久島と人をめくる、めぐる屋久島発の雑誌です。

「屋久島ヒトメクリ.」は、屋久島で暮らす人びと、屋久島にかかわる人びとの日々の出来事や発見、感じたことなどをおもに綴っていきます。屋久島は、平成5年に世界自然遺産に登録されてから、観光客数はうなぎのぼり。圧倒的な自然に魅せられ、島を好み、年に数回訪れる人も少なくありません。その中には、島のあたたかい人情にふれて、「人」とかかわりたくて通う人もいます。観光収入が伸びる一方で、環境問題が山積みになっている現状もあります。「屋久島ヒトメクリ.」は、屋久島の自然や観光のあり方などを語り合い、考える場として、島内外への情報発信を目的としています。また、親から子へ、子から孫へ伝える生活に根ざした情報をあつめて、島の文化の発展・継承につながればという思いもあります。屋久島の大きな自然と「人」がどんな風に関わって生きてきたのか、生きているのか、生きていくのか・・・。
 1ページ、1ページとめくるたびに、小さな発見があったり、誌面を通じていろいろな「人」に出会えたり。 ――旅のはじまりです。

屋久島ヒトメクリ. 編集長 佐藤未歩


★雑誌の購入は島内向けに「泊書店、書泉フローラ」での扱いが決定しています(順次拡大予定)。また島外向けにはホームページ「http://hitomekuri.com」より購入いただけます(ワンコイン500円)。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-30 23:26 |

モバイルインターネット

b0178335_5452835.jpg ちょっと必要があってモバイルインターネットについて調べてみた。

 現在は携帯電話会社が自社の網を使ってそのサービスを提供している。速度もベストエフォートではあるが、公称値として下り最大3.1Mbpsが謳われている。料金的にも定額で、月額7,000円程度から可能だ。一頃に較べると使いやすくなったと思う。使用形態によってはこの方式に集約してしまえば、それほどのコスト増にならず、事実上のモバイル環境を手に入れることができる。

 ついでにPHSの環境も調べてみたが、相変わらず32Kがベースのサービス提供となっていた。既に時代遅れの感は否めない。先般ソフトバンクがウイルコム支援に名乗りという新聞記事を読んだがその理由をなんとなく納得した。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-29 23:37 | web関係

師走近し

 郵便ポストに喪中のハガキが届く。そんな季節。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-28 23:28 | 日々

大沢成二写真展@ノマドカフェ

 屋久島南部原にある nomado cafe ~ノマドカフェ のギャラリーで写真展を行ないます。

 -------------------------------- 
 大沢成二写真展

 Rosso e Blu d' inverno a Yakushima
 Fotografie Se-ji Ohsawa

 会期:12月4日~12月20日(9・10・16・17はカフェ定休日の為お休み)
 時間:12:00~18:00
 -------------------------------- 

 今回の写真展は従来とは少しやり方を変えて、これからの冬の季節に合った写真を「(Rosso)と(Blu)」というテーマでチョイスして展示します。

 また僕はいつも写真に詳細なキャプションをつけるのですが、今回はそういったこともしません。どうしてそういう展示になるのか?は実際に会場に足を運んで写真を見ていただければ納得して貰えると思います。


[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-27 23:14 | 写真

作品展「純」 ご案内

b0178335_21205091.jpg作品展「純」

ドレス・ウエディング小物
2009年12月1日(火)~6日(日)
10時~18時
出展者 新井純
@ギャラリーカフェ白樺
〒892-0822鹿児島市泉町14-9
TEL:099-226-4518

 屋久島在住の服飾作家「新井純」氏の作品展が上記の要領で開催される。期間中鹿児島に用事のある方はぜひ立ち寄ってみてください。ちなみに僕も6日に鹿児島まで行く予定があるので会場に立ち寄ってみる積もりです。

 また、新井純氏は先日行なった友人のブライダルロケのウエディングドレス制作も担当しました。その時の写真も会場で展示します。またDMの写真撮影とデザインは僕の担当です。


[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-26 23:20 | 日々

Web構築

b0178335_6535251.jpg 昔とった杵柄。古い本を本棚から引っ張り出してきて、朝から首っ引き。DREAMWAVERも触っているうちに色々思い出す。

 随分久しぶりに簡単なサイト構築を行なった。Web構築はデザイン以前にシステム関係の整備が結構大変なのですよね。一日かけて何とか形になった。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-25 23:53 | web関係

動物にとって社会とはなにか

b0178335_351224.jpg 24日の新聞に、日高敏高先生逝去の記事が載った。動物行動学の第一人者でコンラロート・ローレンツの「ソロモンの指環」やリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」などを翻訳、国内に紹介した。

 僕自身は一番最初に動物にとって社会とはなにかという本に出会い、以後この分野に興味を持つようになって、その周辺の本へ端から手を出した時期がある。ダーウイン的進化論を自身の中で深く考察するキッカケになった本であり、氏の著作の中で紹介されていたコンラロート・ローレンツ博士のものや今西錦司先生のものなどへも、随分手を出した。そうして当時は動物行動学者というものに憧れ、本気でそれを目指した時期もあったが、どこかでそれは挫折して今に至る。

 僕がいまも風景の中に動物を捉えた写真を撮るのは、ひょっとして当時の記憶が何か影響しているからかもしれないと思った。僕の心に小さな灯をつけた大切な本、それを著した先生の訃報に触れ、感慨深いものがあった。


動物にとって社会とはなにか 日高敏隆選集 II (日高敏隆選集 2)
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-24 23:41 |

行動

 ある人の男気に救われた日。千の言葉を尽くすより一の行動の大切さを教えられた。

 世の中言いたいことは色々出てくるが、言うならまず責任を果たしてから言いなさいと。実践を通し、それを改めて確認して学んだ、そんな日。

 読んでいる人には「なんのこっちゃ?」でしょうか、なんとなく察してください。

 とにもかくにも良い日でした。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-23 03:30 | 日々

猟取材

b0178335_772534.jpg 巡り合わせで突然だが、屋久島での狩猟風景を取材させていただく幸運に恵まれた。

 屋久島で猟に使われる犬は「屋久犬」。筋肉質で精悍な体つきをしている。この犬については未だ勉強不足で詳しいことが書けないのだが、南西諸島の島という特殊な環境で閉鎖的に繁殖して猟に使われていた犬らしい。とても美しい犬だ。

 あいにくの天気となり、取材時間が限られていたのでそれほど多くの写真が撮れた訳ではないが、何とか良いカットをモノにすることができた。今回この取材をするにあたっては、事前に色々なことがおこり、そのことで撮影に向かうモティベーションは凄く高かったのだ。撮影した写真は近日中にオープンになります。詳しくは改めてアナウンスしますので、暫し期待してお待ちください。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-22 23:07 | 写真

ジェットコースター

 ジェットコースターに乗っているように上がり下がりの激しい一日だった。何かが出来上がる直前、いつも屋久島には覚悟を問われる。屋久島は本当に素晴らしい人生の先生だ。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-11-21 23:29 | 日々