<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

EOS-1D Mark IV

b0178335_5555691.jpg 先日NikonからD3Sが発表になったばっかりですが、今度はCanonから凄いカメラが発表になりました。

 やはりこのカメラも拡張感度ISO102400を実現しています。うーん、デジタルカメラの世界は段々凄いところへ向かってゆきます。こうなると最早フイルムのカメラとはまったく別のものですね。

 僕は良くカメラのデジタル化をライカ版の出現に擬えて説明しています。カメラの歴史の中でもライカの出現は本当にエポックメイキングな出来事でした。ライカという機動力のあるカメラが生まれたことにより、例えばスティーグリッツやブレッソンとかキャパ、日本では木村伊兵衛など歴史に名前を残す写真家が出現しました。それは従来表現し得なかった撮影スタイルが、道具の進化により成し得られるようになったということなのです。

 キャパを例にとれば、それまでの戦争写真は遠方から大判のシートフイルムでランドスケープを撮影し、その一部をトリミングして使うという手法が一般的でした。しかしキャパはライカを持って果敢にも最前線に飛び込み突撃してゆく兵士を撮った。これは機動力のあるライカという道具の進化によって成し得ることができた新しい表現だったのです。
 
 カメラがデジタル化され、表現の上で一番進化した部分が高感度特性だと思います。ここが拡張されたことにより、従来写し得なかった場面を写真表現として切り取ることが可能になったのです。また、連射スピードも秒8コマあたりが限界とされていましたが、10あるいあは11コマに伸びています。これも従来の表現を超える可能性のある道具の進化です。

 歴史を振り返れば、ライカが出現した時にも従来からの撮影スタイルを支持する層からライカを酷評する意見が噴出しました。「写真表現として邪道だ」というのです。しかし、いち早く新しい道具を柔軟に使いこなした層が新しい表現を行い、その足場を固めて行ったのです。

 自分自身は長くフィルムで写真を撮ってきましたし、フィルムカメラにはその良さがあり、デジタルの表現とはまったく別のものだと思っています。しかし、折角歴史の大きな転換点に立ち会えたのだから、この幸運を積極的に生かして、新しい表現にチャレンジしてみたいという思いもあって、デジタル撮影を選択しています。人それぞれだとは思うのですが、未だにデジタルカメラについて懐疑的な意見を呈し、フィルムカメラだけにしがみつこうとする人を見ると、違和感を覚えます。単なる食わず嫌いではないか?と。

 あるいは、勉強不足のどちらかだと思います。デジタルは色の問題も含めて撮影者自身が処理してゆくことが求められます。僕の実感では、フィルムに比べてカメラマンが担当するワークフローは広範に渡り、勉強することも一気に増えます。そこがクリアできないので、デジタル撮影に対して懐疑的、あるいは否定的な意見を並べてデジタルカメラを使わないことの正当性を主張しているように見えます。

 いずれにせよ、フィルムもデジタルも写真表現という根っこは一緒なので両方体験して適材適所で使い分けするのがベストだというのが僕の考えです。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-21 06:30 | カメラ

写真展完了

b0178335_17381272.jpg 9月半ばからほぼ一ヶ月の会期で開催した写真展がようやく今日完了した。

 写真展そのものは10月13日で終了し、展示は同日の夕方撤去したが、その後始末が今日まで掛かってしまった。会場に置いたリーフレットの中にアンケート用紙をはさんでおいたのだが、そこに感想と芳名を書き込んでくださった方に宛てて、お礼状を書いていたのだ。

 最初同じ文面をワープロ印刷で送ろうかと思ったのだが、それぞれの方が書いてくださった感想を読み進むうちに、それでは失礼にあたると思い直し、全て手書きで一枚一枚心を込めてお礼状を書いた。少しつづ回収して、10月前半は尾之間の耕作地でサシバを待ちながら空き時間に書いたりしていたのだが、数が多かったので全部書き切るのに今日まで時間が掛かってしまった。

 封筒を閉じて切手を貼って投函しておしまい。一つの仕事が完了した。

 感想をくださった方以外に会場に足を運んでくださった方にもこの場でお礼申し上げます。ありがとうございました。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-20 17:48 | 写真

根っこは一緒

b0178335_17201098.jpg 釣師であるK氏から朝電話があった。「凄いのを釣ったので見にこないか?」と。

 カメラを持って行ってみると、丸高水産の店頭においてあるような凄いカツオが2匹、それともう一匹、1mに届きそうなやつが(名前を聞いたが失念した)そこにいた。

 カツオはスマガツオという奴らしい。その日の朝、一気に三匹釣り上げたそうだ。いずれも岸からルアーを投げて釣っている。普通ではあり得ないことらしいが、屋久島の海が直ぐ外洋だということをこの事が如実に物語っている。

 K氏によると、昨夜雨が降り、明け方に満潮となって日の出と共に潮が引き始めた。こういう条件が重なると魚が群れで入って食いつくのだという。こんな条件は1年に何度もあることではない。分かっていても、その時に磯で竿を振れることも稀なのだが、今朝釣りに行けたことは本当にラッキーだったのだと。

 話を聞いていて、撮影と同じだな、と思った。結局のところ、海にいつ竿を入れても魚が釣れるのではないように、撮影も条件が重なった時に現場にいないと良い写真は撮れない。いずれも自然との対話の中で生まれてくる結果なのだ。

 写真も釣りも根っこのとことは一緒か。うーん、納得。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-19 23:17 | 日々

シンプルイズベスト

 日曜の晩はブライダルロケのスタッフが集まり撮影の打ち上げをした。女チームは「古都路」さんへ食事へ行き、男チームは我が家へ集まって鍋を囲んだ。

 我が家の鍋は基本水炊き。屋久島らしく飛魚団子やホタ(アオダイ)のビンタ(鹿児島弁で頭のことをビンタという)などを入れた鍋。野菜もたっぷりで良いダシが出る。いつも僕はこれをポン酢と七味で食べていたのだが、みんな塩を呉れと云う。水炊き鍋を塩で食べるという発想が無かったのでビックリしたのだがみんなに倣って僕も試してみた。

 うまい!

 ポン酢を使うと全てがその味に染められてしまい、アクセントとして七味が欲しくなるのだが、塩だけだと素材から出た旨みが際立ち、それ以上何も要らない。水炊き鍋の美味しい食べ方発見。

 シンプルイズベスト。食事もそうだが、何事もシンプルなものが一番良いということを再確認した。食べながら、写真もこんな風にシンプルに撮れないだろうか?と考えてみる。こんな風に素材の味が際立つシンプルな写真。そう考えてもう一度鍋に戻る。「そうか!」と膝を打った。

 シンプルな料理は素材の味が際立つ。それは裏を返せば素材の粗も目立ち易いということ。だから今度は素材に拘るようになるのだ。写真も然り。シンプルな撮影を目指せば目指すほど、素材選びが大切。どう撮るではなく、何にレンズを向けて何を撮るか?というところが重要になってくるのだと再認識した。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-18 23:12 |

ブライダルアルバム

b0178335_9245240.jpg 昨日撮影した写真をアルバムへ仕上げてみる。いい感じになった。

 ブライダルの写真は大変だけど、こちらも幸せを分けて貰える。5月にもお仕事で島内ブライダルロケをしたが、その時と同じように今回のロケもうまく行った。それぞれのカップルらしい屋久島での写真が撮れたと思っている。

 しかし、ブライダルのロケをやると一つ困ったことが。仕上がりを見た妻が、今回も一言。

 「私も撮りたい」

 「いや、我々は撮ったでしょ」
 
 「屋久島では撮ってない」

 うーん。そのとおりなのですが。。。

 誰かカメラお願いできますかね?
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-17 23:24 | 写真

ブライダルロケ

b0178335_613795.jpg 友人カップルがこの10月末に島を出る。そのタイミングに合わせて入籍もする。屋久島で結婚式はしないというので、せめてドレスを着て島内で前撮りをしようということになった。

 ドレスは島内在住の服飾作家「新井純」氏の作。カメラは僕。そのほか友人がみんな集まって、手作りのブライダルロケが行われた。

 ロケ地は3ヵ所。西部、愛子橋。自宅前玄関。西部は僕の提案。一箇所人物を立たせて写真を撮ってみたい場所があったのだ。愛子橋、自宅前玄関は友人カップルの希望。愛子橋は愛犬クロスケをいつも散歩させていたコース。愛子岳をバックにクロスケと三人の写真を撮ってほしいという希望。自宅玄関前もクロスケと一緒に。屋久島で一番思い出のある場所としてそこが選ばれた。

 新郎新婦の二人以外に、スタッフはカメラ入れて5人。2台の車に分乗して西部へ向かう。森の中に木漏れ日が入ってくる前の時間を狙ってある場所で撮影が行なわれた。屋久島らしい壮大な景色の場所でのロケ。良い写真が撮れた。

 そのまま愛子橋へ移動。クロスケも合流して三人での撮影。まさに散歩している風の絵をイメージしたのだが、クロスケが良く言うことを聞いてくれたので、これもうまく行った。朝方雲に隠れていた愛子岳もロケの間だけ姿を見せてくれた。半逆光になってしまうシュチエーションだったので、ハンディーストロボで日中シンクロを行なったがSB900は優秀。ほとんどオート撮影で結果はバッチリだった。

 昼食を挟み、最後に彼らの自宅に移動して玄関前での撮影。玄関は北裏なのだが、その脇にある建物の白い壁が巨大な白レフとなって太陽の光を反射し、理想的な光がそこに回って来ている。三人を立たせてまっすぐ視線を貰い最後のカットを撮った。満足できるカットが撮れた。

 友人カップルはその足で役場へ婚姻届を出しに行ったらしい。後でメールが届き、その事を知った。実質的に今日が彼らの結婚式みたいなものだった。

 結婚して暮らしてゆくと、本当に色々なことが起こると思う。何かあったら、今日撮った写真を開いて、愛子岳の毅然として立つ山容と、その上に広がる屋久島の青い空を思い出してほしい。それさえ思い出せれば、きっと何があっても大丈夫だと思うから。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-16 23:01 | 写真

疑念

b0178335_518516.jpg ヒメキクタビラコ(姫菊田平子)山地の湿地に生える多年草。屋久島の高地にのみ特産する固有種とされているが、台湾高地産の種と同一とする見解もある。草丈3〜12センチ。頭花は直径0.5〜1センチほど、ふちに白、あるいはピンクの舌状花冠を持つ雌花、中心部に黄緑色の両性花がある。花期7〜9月。

 メインサイトでこのように紹介していたが、いままでピンクの固体を見たことが無かった。しかし今回ピンク色の固体を見つけて撮影することができた。しかし、しかしである。。。。

 実はこの固体は9/24に撮影した時は白色だった。僕の中に。白とピンクの系統があるのではなく、白色の固体が最後にピンクになって枯れるのでは?という疑念が生まれた。そう思って図鑑を端からもう一度開いてみると、ピンクの固体について記述があるのは川原勝征氏の屋久島 高地の植物―世界自然遺産の島P21と、屋久島・花の旅P197、花暦・花の旅P43。比較的古い情報についてだけ。青山潤三氏の著作でも、花暦・花の旅ではピンクについての記述があるが、決定版 山の花1200-山麓から高山まででは出てこない。

 もう少し継続観察してみたいと思います。

参考
山に咲く花―写真検索 (山渓ハンディ図鑑)P49
決定版 山の花1200-山麓から高山までP13
屋久島 高地の植物―世界自然遺産の島P21
屋久島・花の旅P197
花暦・花の旅P43
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-15 23:18

Nikon D3S

b0178335_514765.jpg 技術の進歩とは凄いものです。NikonからD3Sが発表になりました。D3からの主な変更点はISO感度の耐性。常用がISO200~12800で拡張は102400相当まである。

 その他の変更点としてはDムービーとイメージセンサークリーニング機構が搭載された。動画撮影については必要性について意見の分かれるところだろうが、イメージセンサークリーニング機構は待ち望まれていたと思う。いままでNikonのフラグシップにはこの機能が無かったからだ。

 しかしISO102400って一体??

 1600→3200→6400→12800→25600→51200→102400 D3より高感度側を2段分拡張したということだ。ISO200のF5.6で1/15をベースで考えると、ISO10240では1/8000のシャッターが切れる。実際に102400が使えるか?と言えば疑問は残るが、高感度側に2段拡張されたことで、ISO3200、あるいは6400が使える画質になってくれると表現の幅が広がる。

 僕はD3と共通のイメージセンサーを搭載したD700を使っているが、ISO2200あたりが一つの分岐点だ思っている。それ以上については場面を選んで使うがISO3200以上はよほどのことが無ければ使わなかった。しかし例えば砂浜でかけて行く子ガメを撮影する場合は1/180以上のシャッタースピードが理想となる。1/125では若干遅いのだ。また風景の中に動物を捉えて止める場合は1/500以上、欲を言えば1/1000以上に設定できれば成功ショットの確立が高まる。動物の瞬間の動きというのは思いのほか速い。だから2段のアドバンテージがとれることは本当にありがたいのだ。

 理想を言えば画素数が1600万程度にあがってくれるとクロップなども積極的に使えるので言うこと無かったのだが、感度と画素数はトレードオフの関係にあるので調整の難しいところだと思う。ここがキーデバイスであるイメージセンサーを外部委託しているNikonのアキレス腱かもしれない。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-14 23:05 | カメラ

写真展終了

 9月13日からほぼ一月の会期で開催していた写真展が終了した。会場が屋久島環境文化村センターの交流ホールと立地が良かったこともあり、期間中本当にたくさんの方に見ていただけたようだ。

 会場ではリーフレットを配り、その中にアンケート用紙を入れてあったのだが、こちらの予想を超える沢山の人が心温まる感想を寄せてくださった。どれもこれもそれを書いてくれた方の気持ちが伝わってくるもので、一枚一枚読みながら、撮影に向かう決意を新たにしている。本当に感謝している。

 どの感想も嬉しかったのだが、その中で特に目を引いたものが一つある。それは屋久島在住のある方のもの。簡単に内容を紹介する。

 一昨年初めて屋久島を訪れてから屋久島に住むことが夢になった。その時買ったポストカードを自宅に貼っていつでも屋久島を感じられるようにしていた。写真展に出向いて、それが僕の写真だということが分かった。

という内容だった。

 そんな風に、自分の写真が役に立っていること。それ感想として寄せて貰ったこと。もうそれだけで、この写真展を開催した価値があったと思っている。僕自身、通いで屋久島へ来ていた頃、いつかは屋久島に住みたいと思いながら、島内で買ったある写真雑誌を眺めていた。イメージが夢を引き寄せる力というのは強い。写真にはそういう力があると僕は信じているのだが、こういう事例はその証明だと思う。

 これからも地道に良い作品を生み出して、それをプラスのエネルギーとして世の中に伝播させてゆけるよう努力してゆきます。ありがとうございました。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-13 23:40 | 写真

内室二郎写真展~森と人と~

b0178335_19402058.jpg 屋久島町楠川在住の写真家 内室二郎氏が写真展を開催している。

会場:屋久島特産品協会 2階ギャラリー
(バス亭「宮之浦」前、丸高水産と書泉フローラの間)
会期:10月1日(土)~10月17日(土)
OPEN9:00~18:00 入場無料

 案内をいただいたので、本日午後妻と二人で見に行ってきた。屋久島の森や里を中心に撮った29枚の作品。やはりこうして丁寧にプリントして飾られた写真を見ることは気持ちが良い。僕はそもそも写真というのはプリントして完成だと思っているので、オフセット印刷の書籍や、モニタで見る写真と、プリントされ展示されたものとは別のものだと思っている。しかし現状、色々な制約が写真のオリジナルプリントを展示するというアプローチに障害となってたちはだかっていることを考えれば、こうした機会は貴重と思う。屋久島に於いては尚更のことである。機会があれば、ぜひ会場へ足を運んでみることをお勧めします。

 なお、会期中、内室氏は会場に詰めているそうです。

 また、9月13日から屋久島環境文化村センターの交流ホールで開催している僕自身の写真展は会期が残すところ明日、10月13日の一日となりました。15:00過ぎに撤収を始めるので、宮之浦に用事のある方は、内室氏の写真展と併せて、ハシゴをお勧めします。

 繰り返しですが、オリジナルプリント、そう、やはり本物を直に見ることは大切だと思います。今回のそれぞれの写真展は、屋久島においてはその貴重な機会の一つです。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-10-12 20:03