<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コダクローム

b0178335_6282271.jpg コダクローム生産終了のニュースが伝えられた。一つの時代が終わった。

 コダクロームは、米コダック社が1935年に発売したカラーリバーサル(ポジ)フィルムだ。ポジとはネガの反対で、現像したフィルム上にコントラスト・色が反転しない陽画が写るタイプのフィルムのことで、スライドフィルムなどとも呼ばれ、スライドプロジェクターで拡大投影して鑑賞することもできた。

 趣味人だった父親が大型のスライドプロジェクターを所有しており、子供の頃に実家の座敷に大型のスクリーンを掛けて、そこに父親の撮影した風景や人物などの写真を拡大投影して鑑賞した。フィルムには複数のフォーマットがあったが、135mmサイズのスライドフィルムにはいつも紙マウントの上にオレンジの書体で「Kodachrome」の印刷があった。このフィルムは東洋現像所しか現像できず、市内のカメラ店でもその取次ぎをやっているのは限られ、いつも高架下の小さなカメラ店に持って行った。そんな子供の頃の経験からコダクロームは僕の中で特別なフィルムになっていた。

 二十歳前後、東京でカメラマンアシスタントとした働いた時、メインで使っていたフィルムはEPR(エクタクロームプロ)だった。しかし、135mmフォーマットで人物撮影をする時だけはPKR(コダクロームプロ)が使われた。E-6現像のEPRは現像時に増減感が可能で、時には事前にテストロールの上がりを見て本番カットを調整するということが可能だった。しかしPKRはそれができない。露出の決定を任されていたチーフアシスタントの時は、いつも以上に入念に露出を計りその値を決定した。またE-6処理が2時間程度で終了するのに対して、コダクロームのK-14処理は丸一日を要した。なかなか上がりを見られない、もどかしいフィルムでもあったのだ。そういう意味でもコダクロームは僕の中で特別なフィルムだった。

 そのコダクロームが74年の歴史に幕を閉じる。なんとなくだが感慨深いものがある。しかし、僕自身は2004年あたりを境に撮影を100%デジタルにスイッチしている。またFUJIのベルビアが出て以降、リバーサルはベルビア一辺倒だった。最後にコダクロームを使ったのがいつだったのか思い出せない。写真を撮られる方で、同じような経験を持つ人は多いと思う。 

 コダクロームで何か撮ってみたいと思ったのだが、現物の入手は困難であるし、良く考えたら手許にフィルムカメラが無い。そして撮影しても現像することが出来ない。僕のような一時の感傷による懐古趣味で、このフィルムのことを語ってはいけないところまで、状況は追い込まれていたのだ。

 しかしその一方で、デジタル撮影というのは奥が深い。のめり込めばのめりこむほど、その深みにはまってゆく。デジタル撮影である一定の結果を出す為には、長期に渡る自己投資が欠かせない。そういう意味で、僕は比較的早い時期に撮影をデジタル化した自身の選択を支持している。あのタイミングでフィルムを捨てたからこそ、今の自分の撮影スタイルがあるのだ。持てる自身のリソースが少ないからこそ、選択し集中させた。そして今の結果が残っている。コダクローム生産終了のニュースを聞きながら、そんなことを考えていた。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-24 07:40 | 写真

奇跡のリンゴ

b0178335_6383538.jpg 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録を読む。友人から貰ったのだが、食事を挟んで4時間ほどで一気に読みきった。とにかく惹き込まれた。

 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で、りんご農家・木村秋則さんは取材をうけ、その回は2006年12月に放送されている。放送後におこった異例の反響をうけ、番組キャスターの茂木健一郎氏が書籍化を提案し、ノンフィクションライター石川拓冶氏が追加取材を行ってこの本は出版されている。

 内容を簡単に説明すると、無農薬無肥料のリンゴ栽培を成功させた農家の話だ。無農薬栽培の農産物。それは一頃に較べてそれほど珍しくない。その分野に取り組む農家も確実に増えている。しかし、これがリンゴとなると事情が一変する。リンゴ栽培で無農薬に取り組み、それを成功させることは、まさに奇跡なのだ。この本にはそれが丁寧な取材に基づいて綿密に書き込まれている。またその過程は「壮絶」の一語に尽きる。

 絶望の淵に立って初めて見える光もある。言い換えれば、人間は普段いかに目の前の事・モノをキチンと見ていないのかと言うことでもある。この本はそのことを教えてくれる。

 オススメです。この本をくれた友人に感謝。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-21 07:02 |

タヌキ

b0178335_823590.jpg 昨日西部地区である動物の写真を撮った。ごらんのとおりタヌキである。

 屋久島に生息している哺乳動物は、シカ、サル、イタチ、ネズミ、モグラ、コウモリの6種類であった。ところが、いつの頃からか、屋久島で野生のタヌキが目撃されるようになった。

 僕の故郷長野県でタヌキはそれほど珍しい動物ではない。子供の頃から良く目にしていたので、その特徴的な走り方を僕はキチンと識別できる。早朝、夜間など車で島の外周道路を走ると、ヘッドライトの光の先に、タヌキが駆けてゆくシルエットを何度か目撃した。それは島の広い範囲に渡っているので、タヌキは島内で相当数繁殖しているものと思われる。

 誰かがペットとして持ち込んだものが、野生化して増えたと言われている。天敵のほとんどいない島内で爆発的に増えているとも。環境省が捕獲に乗り出しているらしいが、その対策を上回るスピードで増えているようだ。そして、それは既存の生態系にとって新たな脅威を生み出している。

 こうした問題に対して、写真家は何ができるのか?考えているのだが、とりあえずはこうして写真に撮ることによって、その存在を目に見える形で示すことが第一歩ではないか?と考える。だからチャンスがあれば撮影したいと思っていたのだが、今回ようやくモノにすることが出来た。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-20 09:12

HEAVEN'S DOOR

b0178335_12294873.jpg 高橋歩著 HEAVEN'S DOOR。昨日届いたのだが、一気に読みきった。

 先日白谷山荘で同宿になった加藤夫妻に、世界一周ハネムーンに出掛けるキッカケを尋ねた時、高橋歩という名前が出たきて興味を持ち検索してみた。出てきたWebサイト(特にプロフィールページ)がメチャメチャカッコよくって、更に興味を持ち、最初の著作を取り寄せて読んでみたのだ。

 こんな風に書くと誤解を受けそうだが、本としてのデキはお世辞にも良いとは言えない。とにかく荒削り。読んでいる方が赤面しそうなくらい荒削りなのだ。こんなんで本なんて出していいの?ってなくらいだ。でも、それら全てを割り引いても、そこに僕は価値を見た。支払った対価分の価値は十分あった。なぜなら、そこには行動に裏打ちされた経験が詰め込まれていたから。それもとびっきりの。

 高橋歩という名前を今回僕は初めて知ったのだが、旅人達には絶大な人気を誇る作家らしい。妻はこの名前をちゃんと知っていた。であれば、きっとあの人も、あの人も読んでいるだろう(僕の世代で旅と言えば、深夜特急だったのだが、時代は変わっているようです)。

 別の本も手にとってみようと思う。

 何かに閉塞感を持っている人がいたら、この本はおススメですよ。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-16 12:50 |

Oneness

b0178335_3385867.jpg 朝のTV番組に真津昭夫さんが出演していた(ウチは夫婦揃ってTVを見ないので、この番宣を見て、何ヶ月ぶりかでTVを点けたのだが)。ほしのあきさんをヤクスギランド/母子杉まで案内し、そこで最後に「つながり」という言葉が出てきた。

 先般、真津ご夫妻と食事した時にもやはりこの「つながり」という言葉が話のテーマにのぼり、「ああ、いまの真津さんのテーマはこの"つながり"なんだな」と改めて確認した。

 「つながり」、「関係性」。そんな言葉でも置き換えられていたか。僕は真津さんの話を聞きながら、アタマの中に「Oneness」という単語を浮かべていた。「Oneness」。「ひとつであるということ」。僕はそのように理解している。

 Onenessは、いまから7、8年前に、長野県の安曇野で行われた「スエットロッジ」ワークショップの中でテーマとして取り上げられた言葉だ。冒頭の写真はその時のものである。

 ネイティブアメリカン、ラコタのメディスンマン Chief Phil CrazyBull が安曇野まで来てこのワークショップをリードした。僕はこのワークショップにサポーターとして係わり、ファイヤー・ピットでファイヤマンを担当した。「祈るということ」「つながり」「関係性」「家族」「アタマで考え過ぎる自分のパターン」など、ふだんあまり気にしていなかったこれらの事柄をリアルに感じ、考えた体験だった。一緒にファイヤーマンを担当したイクオさんと、「目の前の事に集中すること」の大切さも、このとき学んだ。
 
 スエットロッジ」ワークショップはこの後も安曇野で継続され、啼鳥山荘で開催されたワークショップのスエットの中で、僕は初めて「何か目に見えない大きな力」の存在を感じた。いや、それを自分の目で確かめたのだ。目に見えないものを自分の目で確かめた、というのは矛盾の多い話だが、それを言葉で説明することは難しい。それに、このことで誰かを説得する必要は無いので、殊更ここに言葉を費やす積もりもない。とにかく、その時以来僕は目に見えない力の存在を意識するようになった。

 意識が変わると物の見え方も変わる。写真を撮る人間にとって、どのような意識で風景を見ているか?というのは重要だと思う。相変わらず、カメラのレンズは目の前の風景をドラスティックにえぐってくれるけれど、僕はその距離をどう詰めてゆくか?ということに、精神性を磨くことで解決の道が開けないか?と考えてトライした時期がある。その答えは未だ手にしていないが、幾つかの方法論は生み出した。「方法論??」いや、そんな生臭いものではなく、もっと純粋であったと思うが。。。

 最後、なんだかまとまらなくなったが、つまりはそういう訳だ。真津さんの出演している番組を見ながら、そんなことを考えていたのです。

注)最近サリンジャーを端から読み返している関係で、思考がサリンジャー的になっているのだと思います。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-13 23:38 | 日々

あれ?

b0178335_16371075.jpg 先月23日に、ブライダルのロケ撮影を行った。依頼者がプロのパフォーマーだったことから、出演されている舞台での結婚報告が終わるまで記事のエントリーを控えてきたのだが、先週末お披露目があり、OKが出たので、本家サイトの方に写真と当日のレポートをアップした。

 依頼者は、東京コメディストアジェイという団体に所属し、渋谷のクロコダイルで即興コメディという舞台をやっているらしい。台本もなく即興で演じる。それがどういうことなのか?見たことの無い僕にはちょっと想像がつかないのだが、そういう分野があるということを今回知った。ジャズのアドリブみたいなものだろうか?勝手な想像だが、合っているのか、はたまた相当見当違いのことを想像しているのか?

 そんな事を考えていたら、晴耕雨読で知り合ったモッピーのブログに、関連することが書いてあった。「今井純氏の本を読んでいて、代々木駅で電車を降りる時に戸惑った」という話だ。「あれ?今井純?」。

 今井純氏は東京コメディストアジェイの総合プロデューサーだ!そして、モッピーの読んでいた「インプロマニュアル~自由になるのは大変なのだ」は当に今井純氏の著作。

 なんだか奇妙な一致。でも、もちろんこのことはモッピーは知らないだろう。僕のブログなんて読んでないだろうからな。メールで知らせてあげようかな?
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-12 17:06 | 日々

新しいカメラザック

b0178335_10134583.jpg 昨年末に機材を変更してから一つ困ったことがおこった。それはカメラザックの容量が足りなくなってしまったことだ。これまでは、フォックスファイヤーのフォトレック30を使っていたのだが、D700+24-70にレンズフードを装着したままだと収まりが悪いのだ。

 そこで同じフォックスファイヤーシリーズのフォトレックピクシスを検討していたのだが、先般大阪で実物を見て、何となく違和感を覚えた。しっくりこなかったのだ。それと、フォトレックシリーズは若干ハーネス関係の設計が弱いように感じている。フォトレック30は決して背負い易いザックとは言えなかった。何か適当なものが無いか?といつもアンテナを立てていたのだが、今年の1月に高塚小屋で同宿になった鹿児島のNさんが使っていたモンベルのフォトウォーカーパックLはどうだろうか?と思うようになった。

 しかし、ここが屋久島の困るところである。現物を手にとって見ることができないのだ。ことにザックなどは背負心地の問題があるので、どうしても一度手にとってからでないと買えない。仕方ないので、来月鹿児島へ行く折にでも好日山荘で見てこうよう、などと考えていた。

 ところが、先月末淀川小屋へ宿泊した時、そのフォトウォーカーパックLを背負った登山者を見かけた。ザック背面にはベルボンのカーボン三脚がくくりつけてある。おや?と思って顔を見ると、それは紛れも無い、1月に高塚小屋で同宿になった鹿児島のNさんだった。予定を尋ねると、その夜は石塚小屋泊で、翌日鹿之沢小屋へ向かうという。同じコース取りだった。翌日宮之浦岳の山頂で再会した時、詳しくザックを見せて貰った。

 予想より収納力があり機材が良く入る。また、心配したハーネス関係もしっかりしており、背負心地もまずまずだった。これは良い、といことで、帰りついて早速注文し、それが先日届いた。実際にフィールドで使用してみたが、とても使いやすいカメラザックである。何より機材収納スペースが大きく開くことがありがたい。ラムダに同じような設計のザックがあるが、こちらは値段がずーっと高い。コストパフォーマンスにも優れたフォトウォーカーパックLが、暫く僕の定番ザックになりそうな予感。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-11 10:52 | カメラ

IKI IKI 世界一周ハネムーン

b0178335_11334434.jpg 8日の晩に白谷山荘で同宿になった加藤夫妻。昨秋ご結婚され、この5月20に沖縄を皮切りに世界一周ハネムーンの旅をスタートさせ、二箇所目の経由地として屋久島を訪れている。屋久島の後は福岡へ行き、博多港からいよいよ大陸を目指す。一年ほどかけて西回りでぐるり世界を周ってくるそうだ。

 結婚して直ぐ二人で世界一周の旅に出掛ける。何とも突飛な発想と思ったのだが、話してみると本人達はいたって冷静で、少しも浮ついたところが無い。そのギャップに僕はとても興味を持ち、白谷山荘のテーブルで遅くまで話し込んでしまった。

 旅のテーマを聞くと、一つは旅先で出会うバックパッカー達の体験をまとめて本を出版すること。もう一つはカンボジアに学校をつくること、だと言う。そのどちらも夢物語を言っているのではなく、既に具体的なプロジェクトが動き出しており、十分実現可能なのだと言う。

 屋久島には様々な種類の旅人が集り、色々と面白い体験談やビジョンを聞くことがあるが、ともすればそれは旅という非日常のスクリーンに映し出された、現実感の乏しいパステルカラーの夢物語を疑うこともある。しかし、この二人の口から語られるビジョンは、そういった種類のものとは一線を画していた。なんというか、二人の落ち着いた静かな語り口が、それを裏付けるに十分の説得力を持っていた。声を張り上げ、虚飾の言葉を弄して他人を説得する必要が、この二人には無いのだ。つまり、その背景には、十分な行動が伴っているから、と僕は感じた。

 しかし、二人は中学校の同級生だという。世界一周ハネムーンという発想も、勿論二人が出会った後に生まれている。つまり同じ趣味を持ったもの同士が恋愛に落ちて結婚したのではない。「よく、一緒に世界一周に行く気になりましたね?」という質問を、僕が妻の由紀子さんに向けると、彼女はあっさりと「夫にはやりたいことをやって貰いたいと思っていましたから」と、さもそれが当然の事という風に答えた。

 また、話の折に触れ、夫の大地さんは「楽しんでやる」ということを何度も言った。「楽しんでやらないと、長続きしませんから」と。しかし、繰り返すが、この二人と話して、そこに妙な気負いを一切感じなかった。さもそれが当然というような自然な雰囲気がとても印象に残った。

 翌朝、彼らは縄文杉に会いに行くと行って白谷雲水峡を辻峠の方へ登っていった。僕は大きなブルーとオレンジの二つのザックがゆっくりと登山道の向こうに消えてゆくのを最後まで見送った。

 加藤大地・由紀子ご夫妻の IKI IKI 世界一周ハネムーン はBlogでライブ更新されています。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-10 12:18 | 日々

島の食

b0178335_10342517.jpg 撮影から戻ると、テーブルの上にスポンジケーキがあった。僕の留守中に妻が焼いたもの。スポンジの中に紅茶の葉が混ぜ込んである。

 こんな風に、妻は時々自宅で菓子を焼いてくれる。神戸出身の彼女は、パンと洋菓子に目がない。しかし、屋久島だと、この分野においても、入手可能な選択肢は限られる。結果、選択肢を広げようと思ったら、自分で作る以外にないのだ。

 パンについても、昨年の暮れからパン焼き器を使って、自宅で焼いている。最初はオーソドックスなミルクパンだけだったが、最近は全粒粉を使った胡桃とレーズンのパンとか、ライ麦パンといったバリエーションが増えた。パン以外にも、ピザ生地をつくって焼いたり、手打ちパスタをしたりと、自宅であれこれ作って食べる機会が、島に来てから確実に増えた。

 手に入らないということは、まんざら悪いことでもない。無ければ工夫するのが人間だ。売ってなければ作ればいいのだ。そして、何でも自分でやってみると分かることがある。もともと僕は食べることにまったく興味の無い人間だったが、自分でも少しづつ料理をするようになって、食べるということに、関心を持つようになった。

 食に興味が向くと、人生が豊かになってゆく気がする。そうなったら、きっと撮れる写真も変わってくるだろう。そういえば、写真家の三好和義氏が情熱大陸に出演された時、自ら築地まで仕入れに行って、包丁を使う場面が出てきた。表現者にとって、食はとても大切だということを話されていた。

 妻のスポンジケーキを眺めながら、そんなことを考えていた。折角なので、光を選んで一カット撮影してから味わった。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-08 11:09 |

マウスの故障

b0178335_10104010.jpg 10年ほど使い続けてきた、マウス「Microsoft with IntelliEye(IntelliMouse w/InterllEye)」が故障した。

 僕はDOS/Vパソコンを製造販売していたメーカーの系列でサラリーマンをしていた関係から、パソコンはMS-DOSを経て、Windows3.1から現在のVistaまでWindowsを使い続けている(G3マシンを所有していた時期もあり、MacOS9.2あたりは触っていますけど)。

 そんな関係で、パソコン本体は、これまでに7,8台代わっているが、マウスとキーボードだけは同じものを使い続けて来た(ちなみにキーボードはFMマシンに同梱されていたもの。効かなくなったキーを自分で修理しながら使い続けている)。なぜそこに拘るかと言えば、マウスとキーボード、それからモニターというのは、パソコンと人間を繋ぐ、インターフェースの部分だからだ。

 パソコンというのは面白い機械で、こちらが明確な意図を持って接すると、そこに素晴らしい結果をもたらしてくれる。しかし、意図があいまいだと、結果も思わしくない。いや、パソコンそのものに主体性はなく、自らの意図を取り込んでフィードバックしてくれる高機能な箱なのだ。パソコンの操作というのは、パソコンという箱を介した、自身との会話なのだと思っている。その会話を仲立ちするインターフェースの部分が、マウス、キーボード、モニターの3種のデバイスになる。だからこそ、そこに拘って来たのだ。

 しかし、使い続けて来たマウスは故障し、仕方なく予備機材として持っていたマウスに交換した。しかし、これがどうもしっくりこない。なんだか、片肺飛行をしているようにバランスが取れないのだ。同じものは既に入手困難のようであるし、この予備機材に馴れるか?また新たなマウスを探すか?悩みどころだが、屋久島だと、気軽に製品を手にとって比較できないところがつらい。こういう製品だけはネット通販という訳にいかないからだ。

 来月鹿児島まで行く予定があるので、その時忘れずにマウスを探してくることにしよう。何とか、手に馴染むものがみつかると良いのだが。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-06-05 10:45 | パソコン