<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

撮る人の東京

 小説家、片岡義男さんの写真展「撮る人の東京」が開催されている。会場が新宿のペンタックスフォーラムなので、現場に足を運ぶことは叶わないが、WEBに作品が幾つか掲載されていて、それらを見ることが出来た。

 先日の日記にも書いたが、高校生くらいの時に片岡義男を貪るように読んだ。本棚の一角に現れた赤い背表紙の文庫本は見る間に増殖し、いつしかその一段を占領していた。それはちょうど写真を撮り始めた時期と重なり、活字として取り込んだそのエッセンスは、写真という表現となって体外に放出されていたように思う。だからか、WEBで見た片岡さんの写真に、どことなく懐かしさを感じた。

 当時は父親に借りた露出計の無いNikonF2に50mmの短焦点レンズをつけ、長尺からパトローネに詰め替えたトライXを入れて、街のスナップを撮っていた。ISO感度を半分の200で計算し、1:1に希釈したD76を極力攪拌せずに気泡だけ気をつけ、これまた半分の時間で現像を終える。すると、そこに驚くような超微粒子のネガが出来上がるのだ。それをコンタクトプリントしてデルマで印をつけ、8×10の紙に焼く。紙は主にイルフォードの多階調ペーパーを使っていた。

 写真が面白くて仕方無かった。夏休みにアルバイトして24mmと105mmの短焦点レンズを買った。それからは主に24mmを使って街角スナップを撮った。だからか、いまも僕はワイド系の画角が好きだ。そんな僕の写真の原点は、片岡義男の小説の中にこそあったのかもしれない。

 久しぶりに片岡義男を読んでみたくなった。しかし、本棚を見回しても、そこに赤い背表紙は一冊も無い。屋久島へ移住する際、手持ちの本をバッサリ整理した。その中に、赤い背表紙の文庫本も含まれていた。せめて、「Ten years after (1982年)」は残しておくべきだったか。この小説の舞台は、僕の故郷の長野県松本市なのです。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-29 05:47 | 写真

拝啓Nikon様

b0178335_17443561.jpgNikonD700を使い始めておよそ半年。Canon40Dからメーカーを乗り換えての機種交換だったが、この選択に概ね満足している。しかし、一点だけ、不満がある。それがリモートスイッチのターミナル形状だ。

 NikonD700のリモートスイッチは10ピンターミナルに繋ぐようになっている。しかし、このコネクタ形状は抜き差しが容易とはいえず、特に夜間など暗闇での抜き差しは絶望に近い。
b0178335_17451248.jpg
 そこで僕は、GPSユニットGP-1を介して、MC-DC2を常にストラップサイドにぶら下げておくようにして、10ピンターミナルにケーブルを固定したまま使用するようにしていた。しかし、このような使い方をして半年、ターミナルの接続部分が断線した。

 僕は山岳域での移動中は常にカメラをザックの中に仕舞っている。ポイントを見つけてはカメラをザックから取り出すということを繰り返すので、カメラの突起部にはどうしても負荷が掛かってしまう。しかしご覧のようにNikonの10ピンターミナルはボディーから飛び出る方向に接続されるよう設計されている。せめて、ターミナルが真下を向いて接続される設計ならば、負荷も軽減されると思うのだが、どうしてこのような接続になったのか?理解に苦しむところだ。

 しかし、断線しかかったままのケーブルを繋いで撮影を続行するのはストレスになるので部品を発注したのだが、D700とGP-1を繋ぐ、GP-1-CA10の値段を調べて驚いた。なんと5,000円近くもするのだ!MC-30よりも高いのです。なんだか釈然としないながら、仕方なく注文した。

 しかし、Nikonさん、この10ピンターミナルはいただけませんね。何か考えて貰えないでしょうか?ということをネットに書いてもどうしょうもないと言う意見が聞こえてきそうですが、一応、Nikonのカスターマーサービスに電話をしたことがあります。しかし、やはりどうにもならないという回答でした。

 ところで、他のNikon使いの方はこの問題をどう考えているのか?と思って、ある写真家の方に質問をぶつけてみたことがある。するとその方は、「リモートスイッチは使わない(キッパリ)」と仰っていた。やはり10ピンターミナルはいただけないので、以来ミラーアップして、シャッターレリーズを静かに指で押しているそうだ。「それで全然問題ないよ」とのことだったが、どうも僕は未だその域まで達するこが出来ずにいる。

 しばらく、このリモートスイッチの問題には悩まされることになりそう。 
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-27 18:14 | カメラ

新しい相棒

b0178335_2085066.jpg 異動のため、先日島を離れた環境省の自然保護官O氏の乗っていたSEROW225ccを僕が引き継いだ。今年、島内の撮影を機動力を持ってやるために、バイクが欲しいと思って探し始めた時に彼の転勤が決まり、この話がスムーズにまとまったのだ。昨日までブライダル関係のお仕事に忙殺されていたため、本日ようやくマシンを引き取りに行ってきた。

 バイクに乗るのは何年振りだろう?18歳で中型免許を取り、HONDAのCLUBMAN250ccが最初のバイクだった。そのバイクを手放したのが22歳の時だから、以来20年近くバイクから離れていたことになる。

 SEROWにエンジンキーを差し込みスイッチをONする。グリーンのニュートラルランプを確認してセルを回す。キュルルというモーターの音が響き、喘ぐようなシングルエンジン独特のサウンドが周囲に鳴り響く。エンジンの暖気を終え、スタンドを跳ね上げ、シートに跨ってヘルメットのバイザーを下ろす。クラッチを握ってからギアを踏み込み、後方確認を終えてから、静かにクラッチを繋ぐ。SEROWは少しつんのめりながらもゆっくりスタートした。

 クラッチを握り、ギアを蹴り上げる。右手はアクセルを戻した後、クラッチミートに併せて再度アクセルを開ける。それを繰り返す度、SEROWが加速してゆく。6速まで蹴り上げ一気にアクセルを開いた。

 風になった。

 CLUBMANの頃は黒いSHOEIのフルヘイスのヘルメットを使っていた。今回は、名も無いメーカーのコルチナホワイトのジェットタイプのヘルメットだ。ハイザーの下から吹き込んだ風が顔にあたる。20年前、夢中で読んだ片岡義男の小説に、「フルフェイスのヘルメットは顔に風があたらないから嫌いだ。だからジェットタイプを使うのだ。」と書いてあった。そんなことを思い出しながら、カーブの曲率に併せてマシンをバンクさせてゆく。風景が、斜めに傾いて、後方に吹き飛んで行く。一瞬にして、20年のブランクが埋まった。

 記憶の中に、表参道の木漏れ日を後ろに投げ飛ばしながらアクセルを開いていた20代の自分がいた。あの頃の自分も写真が大好きだった。それはいまも変わらない。バイクの上で蘇った僕の一貫性がそこにあった。
 
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-26 20:40 | 日々

PENTAX K-7

 PENTAXからK-7というデジタル一眼レフカメラが発表された。ニュースリリースを読んだ印象は、現行の他社機が先行している新機能を漏れなく積みました、というくらい、超機能満載のカメラだ。それでいて、店頭予想価格がボディーのみ13万円前後というから、これはお買い得感の強いカメラです。

 搭載された各種機能を見て、PENTAXというメーカーは、風景撮影をとても意識したカメラづくりをしているという印象を受ける。主として風景を撮影する僕が注目した機能に簡単に触れてみる。

1)ファインダー視野率100%
 これは風景撮影に限らないが、ファインダーで見た像がそのまま記録されるということは、カメラの機能としてとても重要だと僕は考える。特にカメラがデジタル化されて以降、WEBとの親和性が増したことにより、撮って出しの画像をそのままリサイズして使用するという機会が増えた。それ故、どこまで写っているのかをファインダーで確認できるということに、本当は拘りたいところなのだ。


2)ISO100-3200拡張6400
 カメラがデジタル化されたことによる一番大きな変化が、このISO感度を自由に変更出来るという部分だと思う。デジタル黎明期はISO800以上の高感度はノイズが酷く、風景撮影で使うのには少しためらいがあったが、最近は十分使えるところまで進化したと思う。従来三脚を必要としていた場面でも、手持ちで行けることはありがたい。常用で3200まで使えると表現の幅が広がる。実際のサンプルが出てくるのが楽しみである。


3)SRを利用した自動水平補正
 簡単に説明すると、三脚使用時を想定し、内蔵の電子水準器で手調整しきれない傾きを、手振れ補正機構「SR」を利用して微調整してくれるというもの。実際に使ってみないと分からないが、この機構には注目した。僕はD700で内蔵の電子水準器をとても便利に使っているのだが、一方電子水準器は精密過ぎて、調整に手間が掛かるとの悩みも抱えていた。この機構はその悩みを解決してくれそうだ。おそらくPENTAXの開発陣は他社の電子水準器を研究する過程で、同じ感想を持ったのではないか?と想像する。


4)防塵・防滴ボディー
 これは特に僕が屋久島で撮影しているから強く思うのかもしれないが、フィールドでは天候の急変により、カメラが濡れてしまうということがままある。カメラを壊してしまうかもしれない、との不安を抱えながら撮影を続行するのは心臓に悪い。また過去には実際に故障の憂き目にも遭っている。防塵・防滴も完璧はありえないと思うが、やはりその対策が成されているというのはとても心強い。

5)ライブビュー
 風景撮影において、僕はライブビューを多用する。これは三脚使用が前提だが、光学ファインダーで決めた構図を再度ライブビューにして液晶モニターで確認しなおすと、意外な発見をすることがある。光学ファインダーの見え方というのはとてもエモーショナルな要素が強いのだが、液晶モニターでの見え方には、そのエモーショナル感が割り引かれる、というのが僕の実感だ。だからライブビューを使うことにより、もう一度構図を客観的に突き放して点検しなおすことが出来る。その意味で僕はライブビュー機能を重要視している。K-7は92万ドットの3型液晶スクリーン搭載で、スペック的にも申し分ない。


 この他新機能としてHDR合成機能を内蔵したことも注目している。HDR合成機能は、今後当たり前の手法になって来ると思っている。こうした新機能が開発されることで表現の幅が広がることを僕は歓迎する立場だ。風景撮影の作品制作でHDRを使用したことは未だ無いが、店舗や施設の撮影では積極的に使用して、既に大きな効果を実感している。メーカーにはこのあたりの機能はどんどん研究して欲しいと思っている。

 ここまでつらつらと書いたが、K-7に関して、後は実機に触ってカメラの反応など、フィーリングが良ければ、機能的には本当に申し分ない。屋久島だと、気軽に実機に触れないというのが、一つ大きな悩みの種ではある。だから、先般大阪へ行った折、ある量販店で端から展示してある実機に触りまくって来たのだが、僕にとっては至福の時間でした(笑
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-22 06:34 | カメラ

ある旅人

 17日に淀川小屋でMさんという登山者に出会った。関西圏から来ている30歳前後の男性観光客で、15日から23日の日程で屋久島入りしているという。「こんな時期に随分長い休みが取れるのですね?」という率直な疑問を僕は彼にぶつけてみた。彼は少し照れたように笑いながら「実は1月に仕事を辞めて、以来行きたいと思っていたところへ、端から旅行に行っているのです」と答えた。

 なかなか面白い人だな、と僕は興味を持ち、「もし時間があったら遊びに寄ってください」と連絡先を彼に渡してその日は別れた。そのMさんからちゃんと連絡があって、彼は我が家へ遊びに来た。

 一緒に食事をしながら彼の屋久島以前の旅行遍歴を聞いた。昨年末で仕事を辞めた彼は先ず「いま自分がいる場所から一番遠い所までへ行ってみたい」と考えた。そうして向かった先は南米アルゼンチンのブエノスアイレスだった。

 「ブエノスアイレス?」僕は半分声が裏返ったままそう聞き返した?「ええ、宇宙以外だと、地球の裏側の南米が一番遠い場所だと思ったのです」と彼は答えた。

 彼は米国ヒューストン経由でブエノスアイレスに到着し、その日の宿だけは決めてあったが、その後はノープラン。以降主としてバスを乗り継ぎ、パタゴニア、ペルー、ボリビア、パラグアイと、南米を二月近く、深夜特急のように放浪する。

 その旅を終えて帰国すると、今度は香港経由でインドへ出掛けた。インドでもやはりノープラン。一月近くをそこで過ごし戻って来た。そして今回の屋久島である。彼はそれらの旅について、色々なエピソードを交えて話してくれた。それはどれも面白い内容で興味を惹かれるものだったのだが、長くなるので割愛する。

 しかし「自分がいまいる場所から一番遠い所へ行きたい」そう考える人は沢山いるだろう。でもそれを実践する人は少ないと思う。「僕も一度ブエノスアイレスまで行ってみたいですね」と言うと彼は少しだけ考えて、「でも、本気で行きたいと思ったら、行けますよ」と答えた。

 「本気で」。たぶんそこがキーワードなのだろうと僕は思った。

 その日我が家へ泊まったMさんは、翌朝早く起きて、愛子岳へ行くと言って出掛ける準備をした。僕は彼を登山口まで送って行き、そこで別れた。「本気」というキーワードが僕の中に残った。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-21 06:33 | 日々

別れの時

 環境省の自然保護官O氏が異動となり、本日屋久島を離れた。彼とは2008年の正月に高塚小屋で同宿になったことが縁で知り合い、以来夫婦ともども仲良くさせて貰って来た。とても人の縁を大切にする人で、そのことを端的に表すように、今日も空港まで大勢の人が見送りに集まった。我々も、夫婦で彼の見送りに行った。

 飛行機の出発時刻が近づき、彼はゲートの中に入り手荷物検査を受ける。検査が終わると、その手荷物を持って建物から滑走路へ出たところでこちらへ向き直った。次の瞬間、彼は深く、そして長い別れの一礼をした。

 それは見送りに集まった人達へ向けてと同時に、たぶん屋久島へ向けてのものだと僕には感じられた。こんなにも心のこもった、そして確かな一礼が出来る人は稀だと思う。あの一礼が、彼の人柄の全てを物語っていた。彼がその一礼に乗せた気持ちは、真っ直ぐに見送りに集まった人たちの心を経由し、その背後に聳える屋久島の山々まで届いていた。僕は自分の目頭が熱くなるのを感じていた。

 その後、彼を乗せた飛行機はエンジン音を響かせて、一瞬のうちに僕らの視界の外へ飛び去ってしまった。大切な人が屋久島から離れて行った。

 しかし、と思う。こんな風に、島の生活の中で係わりのあった大切な人を見送るのは、僕の中で初めての経験だ。屋久島へ移住して丸二年。いよいよ、僕らも、そんな経験をする立場になったのだと、不思議な気持ちも同時に湧いてきた出来事だった。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-20 17:53 | 日々

楽器

 楽器に触らなくなって随分時間が経った。小・中学校時代はブラスバンドでトランペットを、高校生の時は仲間内でバンドを組んでエレキギターを、社会人になってからはアコースティックギターを弾いていた。

 屋久島にも、K.YairiのYD-53N(1997年製なので、既に現行ラインナップから外れているようですが)を持って来たのだが、あまり弾く機会が無いままここまで過ごしてしまった。時々無性にギターを掻き鳴らしたくなることがあるのだが、ギターは音が大きいので、時間帯を選ばないと近所迷惑になる。そこで、ピアノをやったらどうだろう?と思うようになった。

 ウチに妻の電子ピアノがあって、それならヘッドホンを使えば、周囲に音が漏れないから気兼ね無く弾けると思ったことが理由(単純)。別に沢山の曲が弾きたい訳ではない。一曲でよいので、ピアノのレパートリーを持っていて、何かの時にサラリと弾きこなしたら、これはスマートではないか、と思ったのだ。そこで思いついた一曲は、「パッヘルベルのカノン」である。誰でも知っているあの優しいメロディーを自分のものに出来たら、どんなに素敵だろうか。。と。

 そんな話を夫婦の間でしていたのだが、所用で鹿児島まで行った妻が楽譜を買って来てくれた。早速にピアノの前に座って楽譜を立ててみた。人生初のピアノ体験である。

 初心者用にアレンジされたはずの譜面を見ながら驚いた。ピアノは音域が広い。僕はトランペットの経験があるので、五線譜をある程度は読むことが出来るのだが、トランペットでは高音域のファあたりが最高で、その上の音が出てくることは滅多にない。しかしピアノ譜では音がどんどん上の方へ続いている。低音域も同様。まず譜面から音を拾うことに戸惑う。

 次に指使いで悩む。いちオクターブは7音あるのだが、人間の指は5本しかない。どこかで持ち替えが必要。ドレミまで行ったら、持ち替えて再び親指からソラシドと行くのが基本だと教わった。しかし、音域が広いと、この基本だけではとうてい間に合わなくなる。ある程度先を読みながら、指を余らせて持ち替えをしないと、上り下りで指が足りなくなって演奏が止まってしまうのだ。

 結局、「パッヘルベルのカノン」は難易度が高いということで、曲目を「バッハの主よ、人の望みの喜びよ」に変更することにした。とりあえず2小節だけ覚えたが、頭の中がぐるぐるした。ピアノは相当脳みそを使う楽器だと分かった。

 こんなにも弾けないものかとフラストレーションが溜まり、ピアノの練習を終えた後にギターを持って海岸傍まで行って、暗くなるまで持ち歌を弾き語りして来た。しかし、こちらも指が回らず、ピックは弦にヒットせず、余計にフラストレーションを高める結果となった。楽器を弾くには毎日の鍛錬が必要です。

 
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-14 06:52 | 日々

ソーラーパネル防水携帯

 auの夏モデルラインナップとして、シャープから「ソーラーパネル採用防水携帯」が出るらしい(詳細はリンク先で確認ください)。

 新聞の記事で知ったのだが、最初読んだとき「おぅお!」と少しだけ心が動いた。防水仕様で尚且つ太陽電池による充電機能を備えている。これこそ僕が待ち望んでいた携帯電話なのだ。

 僕は携帯電話を主として山岳域でのメールチェックと天気図のチェックに使っている。屋久島の山は雨が多いので、防水仕様の端末はありがたい(現在はCASIOのW61CAを使っている)。また、長期の山行では電池の充電がいつも問題になる。現在は単三乾電池用の充電器を携行いているのだが、できれば荷物は1gでも軽くしたい。もし太陽電池で充電できるのなら、本当にありがたいと思ったのだ。

 ニュースリリースを読んでみると、太陽電池による充電機能は10分の充電で1分の通話、あるいは2時間の待ち受けが可能とある。僕のようにメールとweb接続が主な目的なら十分役に立つかもしれない。

 しかし良く考えてみれば、やはりイザという時に備えて予備の電池は持ってゆくと思う。基本音声通話を使用しないとは言え、緊急時には必要になるからだ。その時に使えないのでは、命に係わる場合があるだろうし。結局荷物は減らない可能性が高い。ならば、あまり意味は無いのかもしれませんね。
 
 
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-06 21:13 | 電子機器

otturatoreとは

 外部ブログに馴れるための連続投稿です。

 外部ブログを立ち上げるにあたり、一番苦労したのがブログURLに使用する文字列。4文字以上、10文字以内のアルファベットという制約がある。数字やハイフンなどを混ぜたら弾かれてしまい、純粋にアルファベットだけの構成を求められているらしい。

 しかし、こうした大手のサービスで、アルファベット文字列の空きを探すのは一苦労。色々造語も考えたが、何とか意味のある言葉にしたいと思って、あれこれ試したが、思いつく英単語はほぼ全滅。そこで、電子辞書を持ち出して、イタリア語を試した。しかし、これも悉く使用中で跳ねられる。

 記録(文章)という意の[documento]は空いていたが、英単語の[document]のタイプミスと思われるのが癪と思ってやめた。[biotie](黒雲母)はカッコイイなぁと思ってトライするもなんと使用中!みんな考えることは一緒ですね。

 小一時間あれこれ試して悉く跳ねられた後、思いついて試したのが[otturatore](カメラのシャッター)。空いていました。嬉しかったです。

 ということでブログタイトルの[otturatore]はイタリア語で(カメラのシャッター)の意です。
 

 
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-06 16:08 | web関係

外部ブログを使ってみる

 思うところあって外部(excite)のブログを使ってみる。

 屋久島へ移住してもう直ぐ二年経過する。移住直後に情報発信するためにMovableTypeを使用してサイトを立ち上げた。その中に「屋久島日記」というカテゴリーを設けていたのだが、使い進めるうちに使い勝手の面で色々不具合が出て来た。そこで日々を綴る日記は別のブログに分けることにした。

 一覧性という面からは一つのサイトにまとめておいた方が良いと思っていたので、既存のシステムに手を加えてそれを実現しようと思っていたのだが、どうもそれが上手く機能しない。そこで、外部ブログのお世話になることにした。

 投稿画面のインターフェースに慣れないので、なんというか戸惑っている。しかし、ま、徐々に馴れてゆくと思うので、ぎこちないところはご勘弁を。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-05-06 15:34 | web関係