<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベルト

b0178335_14352560.jpg おおよそ二年ぶりにジャケットとズボンを出して着てみたら、ベルトの長さが合わずにこれだけ切った。この二年でこれだけスリムになったということです。毎日屋久島の山を歩いていると、流行のメタボリックとは無縁になります。

 所用で神戸・長野へ出掛けて月末まで不在になります。メールは携帯電話で読んでいますので、何かあれば、メールへ連絡をください。よろしくお願いします。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-04-17 14:34 | 日々

日帰り鹿之沢小屋

b0178335_1433076.jpg ある撮影対象の状態を確認するため、日帰りで鹿之沢小屋まで往復した。ロケハンが目的だったので、MELLETのis35ザックの中にCanonEOS40D+17-85mmだけつ込み、あとはオニギリ2個とコンロに500mmのペットボトル。ほぼ空荷でひたすら目的地を目指した。半分はトレーニングの積もりで足を動かしたので、小屋到着まで150分。30分の休憩をとり、また一気に下った。時にはこんな風に無心で足を動かしてみるのもよい。雑念が汗とともに体から絞り出されてゆくようだ。

 帰り道、ある登山者と一緒になり、平内まで送ってゆくことになったのでペースを落としたが、それでも入り口到着までやはり150分。いい汗掻いて気持ち良かった。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-04-12 14:32 | 日々

シカ柵

b0178335_14303347.jpg ちょっとした用事があり、新高塚小屋まで日帰りで行ってきた。帰り道、人の捌けた縄文杉デッキで噂の「シカ柵」をまじまじと観察してみた。想像していたより大掛かりな印象を受ける。背面側は上手く処理されていたが、手前側が結構ハデに囲われている。僕には、この柵が張り巡らされたことによって、森のエネルギーが変わってしまったように感じられた。

 しかし、と思う。このシカ柵は、縄文杉の根元の植生回復の為に植えられたハイノキなどを、シカが食べてしまうのを防ぐために設置された。本来シカはハイノキなど食べないはずなのだが、なぜか縄文杉の周囲のハイノキをシカは食べていた。ある意味仕方ないのかもしれない。また、シカ柵設置は根元のハイノキが育ってゆく5年間程度の暫定処置と聞いている。縄文杉の足元のハイノキが育ってきたら、柵は取り払われるのだと思っている。

 しかし、これで縄文杉にシカを入れて一緒に写真に撮ることは出来なくなった。ハイノキが育ってくれば、当然足元にシカが来ても、ハイノキの影に隠れてしまう。僕は縄文杉のスケール感を表現する為に、対比として足元にシカを一緒に写しこむことに挑戦したのだが、振り返れば、それも貴重な記録の一枚となってしまった。

 いま撮れる写真が、明日同じように撮れるとは限らない。僕が屋久島へ移住してもう直ぐ丸二年経過するが、その二年の間にも、様々なことが不可逆的に変化している。
[PR]

by se-ji0038 | 2009-04-03 14:29 | 日々