<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

皆既月食

b0178335_16102553.jpg 妖しげな紅い満月。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-29 16:09 | 日々

開門岳・桜島

b0178335_16135054.jpg 早朝、黒味岳から宮之浦岳の右手方向に開聞岳の山影を見つけた。そして更に先にもう一つの山影が。あの位置にある高い山と言えば桜島(御岳)しかない。半信半疑で写真に撮って帰り、カシミール3Dで確認。やっぱり桜島だった。
b0178335_1614015.jpgカシミール3D使用

[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-28 16:11 | 日々

トカラ列島

b0178335_16174243.jpg 黒味岳山頂から栗生の方を眺めると、海上に島影が見えた。トカラ列島だ。今まで何回か黒味岳には登ったのだが、トカラ列島を見たのは初めてだ。それだけ空気が澄んでいるのだろう。位置的に多分、口之島と中之島だと思うのだが、案外近いことにビックリしてしまった。

 星川淳さんの「屋久島の時間(とき)―水と緑の12か月」 7月・星天井の章(P128)に黒味岳山頂からトカラ列島を眺めたというくだりがある。しかし何度黒味岳に登ってもトカラのトの字も見えないので、本の記述は本当だろうか?と半ば疑い出していたのだが、自分の目でそれを確認して納得した。星川さん、疑ってすみませんでした。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-20 16:16 | 日々

開聞岳

b0178335_16195672.jpg 明け方四つ瀬から海を眺めると、彼方に開聞岳の円錐が見えた。通いで島に来ていた時も時々その均整のとれた山影を見ることはあったが、今朝のはいままで一番というくらいハッキリしていた。先週は週末にかけて海も山も荒れに荒れたのだが、今週は穏やかな日が続いている。昼日中は強烈な南の太陽が照りつけるのだが、明け方にはスッと気温が落ちて、タオルケット1枚で寝ていると風邪をひきそうだ。そんな風に空気が引き締まった短い時間に、開聞岳はその秀麗な姿を見せていた。

 左に見える島は竹島。今朝は硫黄島、黒島もハッキリ見えた。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-17 16:19 | 日々

ゴミ

b0178335_1622938.jpg 黒味岳山頂直下、登山道脇でゴミを漁るヤクシカ。心無い登山者が埋め残したものだろう、ヤクシカがそれを掘り返していた。ゴミは持ち帰りましょう。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-16 16:21

見送り

b0178335_16241529.jpg 訪島していた家族が13日の屋久島2で帰った。宮之浦港から、初めて誰かを見送った。いつもは見送られる立場だったのに。岸壁を離れて行く屋久島2を見送りながら、自分が島に暮らしているということを、改めて確認した。<
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-14 16:23 | 日々

白谷雲水峡の渡渉点

b0178335_1626114.jpg お盆休みを利用して家族が訪島していた。太鼓岩から奥岳を眺めたいという希望があったので、白谷雲水峡へ行ったが、生憎の雨。それも結構激しく降っている。もののけ姫の森まで行ったが、結局そこで断念。仕方なく、原生林歩道へまわって下ってきたが、三本足杉手前の渡渉点が結構増水しており、いつも足を載せる岩が水没している。僕がガイドし、家族を対岸に渡す。なんとか無事渡り切り、怪我も無く下山。ほっとした。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-13 16:25 | 日々

ジャズピアノコンサート

b0178335_16302627.jpg 8月10日の晩、安房でジャズピアニストのソロコンサートがあった。アーティストの名前は 塩谷哲さん。奥様が屋久島のご出身ということで、その縁もあり、屋久島でのコンサートが実現したのだという。屋久島へ移住すると、ライブから足が遠くなってしまうと思っていたのだが、思いがけず、世界を相手に活躍するアーティストの演奏を聞くことができた。
b0178335_16304865.jpg 繋げてくれる人があり、本番前のリハーサル風景を撮影させて貰った。近しい人だけが見守るリハーサル風景。塩谷さんはラフな格好でピアノに向かっていたが、演奏は本番さながら、時にやさしく、時に激しく、一音一音を確認するようにリハーサルをされていました。またその時、奥様もご紹介いただいたのですが、とても美しい奥様でした。屋久島、キレイな人多いです。
b0178335_16305947.jpg 塩谷さんのリハーサルの後、塩谷さんに依頼されて東京から一緒にいらした調律師さんが入念にピアノを調整していました。午後7時開演の本番に備え、当日朝9時から会場入りし、ピアノを会場の空気になじませ、微妙な音の調整を繰り返されていたそうです。
b0178335_16311072.jpg演奏は最新アルバムアーセオリー の中の MORNING BLISS から始まり、シャンソンの枯葉やビートズのイエスタデーなど、またご自身が屋久島の自然からイメージしたという全くの即興演奏など交え、アンコールまで入れて11曲、約1時間半ほどのステージでした。
b0178335_16311831.jpg とにかくピアノの音の響きが素晴らしく、屋久島のホールもなかなか音響特性が良いな、と思っていたのですが、コンサート後ホールのスタッフに聞くと、やはり入念なピアノの調律がその主たる理由だそうで「ピアノそのものが生き返ったようだ!」とそのスタッフが感激して話していました。
 やはり世界的に活躍するアーティストはどんなライブでも手を抜かずベストを尽くすのだと思いました。それも、直接目に触れないところほど。

 小さな300席の会場は超満員で、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。途中塩谷さんがアンケートをとったのですが、観客の8,9割が島内の人で、残りが島外の観光客のようでした。機会があれば第二弾をやってくださるとか?そのときは、また聞きに行きたいと思います。

[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-11 16:30 | 日々

足跡

b0178335_16464866.jpg いま浜辺に行くと、小さなキャタピラの様な足跡を無数に見かける。子ガメが脱出した後だ。産み落とされた卵が無事に孵化し、大人になる確率は1/5000だと聞いた。無事に大人になって、またこの浜へ帰って来てくれることを祈る。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-10 16:40 | 日々

朝の虹

b0178335_1648497.jpg 朝方、永田地区を車で走っていると、口永良部島の方面に見事な虹が掛かっていた。車を止めて写真を撮る。ここ何日か、屋久島は天候不安定。油断すると突然のにわか雨に見舞われる。それでこそ屋久島だ、とも言えるのだが。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-08-09 16:47 | 日々