カテゴリ:食( 24 )

トマトのパスタ

 先日、ジュエリー作家の中村圭さんから教わった「トマトのパスタ」。

 トマトを角切りにして、オリーブオイルで炒め、塩で味付けしてソースにするというシンプルなもの。試してみましたけど、いけます。トマトソースというとホールトマトという先入観があったのですが、生のトマトはとてもフレッシュで、それだけで美味しい。病み付きになりそうな味でした。

 余裕がなくて写真は無い。また写真に撮るにはもう少し盛り付けを研究しないと。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-07-15 23:59 |

選択できないことへの不満

 先日ある場所で、ある飲食店の話になった。僕はその店で一度しか食べたことが無いのだが、それはもう一度食べに行きたいと思わなかったからだ。というか、その飲食店が料金をとって客に料理を出していることに疑問を感じてしまったくらい、自分には合わなかった。しかし、周囲の評判はそれなりで、僕ほど酷い評価を誰もしていないし、お客もそれなりに入っている。

 まあ、食べ物というのは好みなので、自分には合わなかったのだから、それはそれで問題無いと思うのだが、それでもやはり、皆がなぜあの店をそれなりに評価しているのか?自分では理解に苦しんでいる。また、なぜ自分ではそこまで評価が低いのか?キチンと結論を出せていなかった。

 そのとき飲食店の話を振ってきた人は、僕のその低い評価を聞くと、「屋久島の飲食店には、キチンと修行ぜず、素人の延長で始めてしまったような店も多い。そうした店と比べて、極端に内容が悪いと思わない」とそのときの話を締めくくった。まあ、そういう傾向があることも踏まえ、ちょっとこれはどうかな?と思うような店で食べても、僕はそこまでの不満を持ったことは無かった(僕はそこまで食べ物にうるさくない)のだが、その店に関してはダメだったのだ。

 それでよくよく考えてみたのだが、一つ思い当たったことがある。その店ではメニューの選択が出来なかった。そのときたまたまだったのか、詳しいことは忘れてしまったが、定食が一種類、つまりそれしか食べられなかった。それでそのメニューを頼んだら、まったく自分に合わないものが出てきた。

 僕が飲食店で食べた料理の中で、不味い料理として記憶しているナンバー1は、長野県の東信地方にあったあるラーメン店で出てきたラーメンだ。店に入った途端失敗したと感じたのだが、空腹に耐えかね、比較的料金設定の高いメニューをオーダーした(その方が安全だと思ったのだ)。しかし出てきたラーメンはほとんど食べることができなかった。しかたなく店を出てそのままコンビニに直行し、改めてパンを買って食べた。その日の昼食は高いパンを食べたことを良く覚えている。もちろんその店には二度と足を運んでいない(というか、後日通り掛たら潰れていた)が、それでも、その店でそのラーメンをオーダーしたのは自分である。つまり自分の側にもメニュー選択という責任が生じている。ほかに選択の余地があったので、別メニューであれば、違う体験だったという可能性が残っている。よってその失敗は、一方的に店側の原因と決めつけることができないのだ。

 つまり問題はそこにある。僕が評価していないその店では、メニューに選択の余地が無かった。そして出された料理がまったく自分の口に合わなかった。つまり、客の側からミスマッチを回避するメニュー選択というオプションが用意されていなかったのだ。お金をとって料理を出している飲食店ならば、あるていどメニューの選択ができて然るべきと僕は思う。そうでなくても良いけど、であればそれなりにストライクゾーンを広げて、より多くの層をキチンと満足させられる内容でないとダメだろうと。選択はできない、質は良くないでは、どうにもならない。というのが、良く考えて出した僕の結論でした。 
[PR]

by se-ji0038 | 2012-05-26 21:08 |

ゴパン

b0178335_4525355.jpg 我が家ではホームベーカリーで時々パンを焼いていたのですが、バリエーションを増やしたいということで、機器をリプレースして、お米でパンが焼けるゴパンを購入することにしました。選んだ機器はPanasonic ライスブレッドクッカー ホワイト SD-RBM1000-Wです。天然酵母などにも対応しており、これからパン焼きのバリエーションが増えそうです。

 購入にあたっては、妻の両親から我々の結婚記念日にと、お祝いをいただいたりしたので、それを一部に充てるなどして買うことができたものです(ありがとうございます)。
 
 ところで、それまで現役で使っていたホームベーカリーですが、捨てるには勿体無いので使ってくれる人を探していたのですが、最近料理にはまっているというパティシエ太郎さんのところへ貰われてゆきました。可愛がってもらってくださいね。めでたしめでたし。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-05-14 23:59 |

組み合わせ

b0178335_9532445.jpg 今夜の食卓に、栗原はるみさんのレシピ本からニンジンを使ったサラダが出た。これがまた美味かった。

 僕はどちらかと言えば歯ごたえのある生のニンジンのような食材が好きだ。しかしニンジンはニンジン臭さもあり、それだけでそんなに量を食べられるものではない。しかしこのサラダは味付けにマスタードを使ってあった。これが癖になりそうな味なのだ。このサラダにもやられました。

 栗原流レシピには、ちょと尖がった味の組み合わせがある。これがアクセントとなり、そのコントラストが味を鮮やかに演出している。しかしこれはやり方を間違えると嫌味になりかねない。そのあたり流石と思う。

 そういえば、レシピ本としてごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選も買った。

 ご馳走さまの語源、「馳」も「走」もともに走り回るという意味で、昔は食材を走り回って集め、客人をもてなしたことから「馳走」があり、その感謝の意「ご馳走さま」は生まれたらしい。そう、食事が美味しいと、思わず「ご馳走さま」に気持ちが入る。食べるものが美味しいということは人生が豊かになりますね。
[PR]

by se-ji0038 | 2011-11-07 23:59 |

シリコン タジン鍋

b0178335_4423599.jpg このごろ流行りのタジン鍋。ほしいがこの形は収納に場所をとると思って躊躇していた。そんなとき、このシリコン タジン鍋をテレビで紹介していた。使わないときは蓋の部分をつぶしてコンパクトに収納できる。この商品、実は先日の、娘のお宮参りの敷物で使った。

 自分達の分も買ってあったので使ってみたが、これが良い。蒸し焼きで油を使わないのでヘルシーだし、電子レンジを使うので何より調理が簡単。そして美味しい。オススメです。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-12-27 23:59 |

一尾40円

b0178335_20544967.jpg 丸高で買った小飛。一尾40円也。2尾買ったのでしめて80円也。ウチのフライヤーは鍋が小さいのでそれを半分に切って揚げた。

 フェリーから見ていると、このサイズの奴も良く海上を滑空している。でもそれを写真に撮るのは小さすぎてちょっと難しい。海面を蹴って飛び上がるので尾びれの下の方が長いのが、料理していると良く分かる。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-09-08 21:03 |

食べられるラー油

b0178335_18463362.jpg 先日新聞に載っていたレシピで作った「食べるラー油」が「食べられないラー油」になってしまったというエントリーを書いたのだが、それを読んで二人の方から「食べるラー油」をいただいた。

 一つは東京から遊びに来た友人より。もうひとつは島のお知り合いから京都で購入したものを。いずれのものも封を切って味を見たのだが、なるほどこのラー油は確かに食べられる!そして美味しい。暑い最中なので、このラー油でご飯などいただくと、箸がすすむ。

 しかしこれでますます分からなくなったのは、我が家で新聞のレシピに従って作った「食べられないラー油」のこと。どこでボタンを掛け違えたのだろうか?それと、あの火を噴くような辛さの「食べられないラー油」をどうしてくれようか?と思案している。餃子などに使っていたら、おそらく10年は持ちそうな量を作ってしまった。レシピの通りに作ったはずなのですけどね???
[PR]

by se-ji0038 | 2010-07-31 18:53 |

食べられないラー油

b0178335_17235954.jpg 世間では「食べるラー油」というのが流行っているらしい。

 「へぇ~ 一度食べてみたいものだ」と思っていたら、新聞にレシピが載っていたので、材料を揃えて作ってみた。が、とても辛い!!!

 「食べられないラー油」が出来てしまいました。分量は間違えていないので、どこかで作り方を間違えたのか?しかし、間違えるような複雑なレシピでは無かったのだが??

 そもそも「食べるラー油」というコンセプトからして怪しい。と、違う方向へ疑念を抱き始めてしまいました。一度どこかで既製品を食べて味を確認してみたいものです。
[PR]

by se-ji0038 | 2010-07-22 23:59 |

晩白柚

b0178335_4401669.jpg ヤクデンでみつけた熊本産の「晩白柚(ばんぺいゆ)」。大きなものは直径25cmにもなるという。これも結構なサイズだった。

 ザボンの一品種で、晩(晩生)・白(果肉が白っぽい)・柚(中国語で丸い柑橘という意味)が名前の由来らしい。

 お味は適度な苦味があってなかなか清清しい味だった。僕は結構好みかも。皮を砂糖で煮てザボン漬けにすることができるそうなのだが、そこまでのことは今回できなかった。

 
[PR]

by se-ji0038 | 2010-04-25 23:59 |

精米機

b0178335_20531866.jpg これから暑くなる時期、お米の味がすぐ落ちてしまう。何か良い方法は?ということで、玄米を精米して食べることを思いついた。

 こんな時代だからきっと家庭用の精米機も売っているだろうと思って調べてみたら、ありました。山本電気の精米機 MB-RC71

 山本電気というのは初めて聞く名前のメーカーなのだが、サイトを見るとどうやらモーター部品のメーカーらしく、モーターにはこだわりがあるようだ。

 業界最速スピード精米(白米5合精米時:2'45")を実現 の文字がそれを物語る。こういった製品の肝はモーターだろうからと思ってこの機種を買った。明日の朝のご飯から、自家精米したお米です。果たして味はどうか?
[PR]

by se-ji0038 | 2010-04-22 21:06 |