カテゴリ:山道具( 7 )

バーナーヘッドとガス

b0178335_11133036.jpg 今期、コストパフォーマンスの面からバーナーヘッドをイワタニのジュニアバーナー に代えた。このヘッドは、いわゆる家庭用のカセットコンロで使っているCB缶を燃料に使えるのだ。


b0178335_11161841.jpgまたそれ以前は、プリムスの2243バーナーを使っていた。ただし燃料はやはりコスパの面からCB缶を詰め替えて使っていた。使用に関しては自己責任を伴うがつめかえ君というのがあって、これを使って詰め替えていたのだ。厳冬期においてもEPIのフリーライトチャージャー2と、EPIのカートリッジスタビライザーなどを組み合わせることによって、屋久島の奥岳とか上高地とかで問題なく使用できていた。しかし、いちいちガスを詰め替えるがめんどいと思っていたところ、鹿児島の好日山荘でジュニアバーナー を見掛けて、これはイイと早速購入したのでした。
 
 使ってみた感想として、プリムスの2243バーナーよりは重心が低くなるので安定しているし、火力も満足できるレベルであり、収納もコンパクト(スノーピークトレック900にキッチリ収まる)。気にっているのだが、来月坊がつるで雪上キャンプの予定があって、そこで使えるだろうか?と心配になってきた。というのも2243バーナーはフリーライトチャージャー2というブースターを組み合せて余熱を掛けていたのだが、ジュニアバーナーにはそうした専用ブースターが無いのだ。

 CB缶と雪面が直に接するのを避けるため、何か間にウレタンの素材を敷くとしても、家庭用のカセットガスでは心許無い。そうしたなか、CB缶形状でSOTOパワーガス ST-7601のことを知った。

 これが使えると心強いのだが。しかしST-7601を調べてみると成分にプロパンを使っている。一方、ジュニアバーナーを作っている岩谷は低温時対応ガスとしてパワーゴールド [CB-250-PG]を用意しているのだが、成分を見てみると「イソブタン:約70% ノルマルブタン:約30%」となっており、プロパンは入っていない。これをどう見るかだが、イマイチ危険なにおいがする。CB缶に限らず、いずれのメーカーも自社の器具には自社のガスを組み合せるように推奨しており、異なる組み合わせの事故においては感知しませんという立場だ。

 ここは素直にパワーゴールドを用意して行って、ダメなら上からお湯を掛けようと思っている。坊がつるなら、よもや着火しないということはあるまい。甘い?
[PR]

by se-ji0038 | 2013-11-22 12:12 | 山道具

PaaGoのアフターケア

b0178335_18361773.jpg PaaGoのパスファインダーチェストバッグ。ファスナー解れをおこして、ひと月ほど前に修理に出したのに、その後一切連絡なく、梨の礫なので、電話でどうなっているか?確認したら、丁度修理があがってきたので、今日発送するとのこと。

蕎麦屋の出前か!つーの(笑

最初の問い合わせのときは、ファスナーに不備があって似た事例があるので、場合によっては新品交換など直ぐ対応します、みたいなこと言っていたのに(コラー!

ザック側のハーネスを部品で取れないか?問い合わせたメールに対しても一切返信を呉れませんでしたし。モノがいいだけに、こうした適当なアフター対応は残念です。

電話するといつも同じ男性が出ますが、マンパワー不足で細かな対応ができないなら、できないと予め明記しておくほうが誠実だと思います。反面教師として記録しておこうと思います。
[PR]

by se-ji0038 | 2013-10-16 18:37 | 山道具

ヤマビルファイター

b0178335_0223622.jpg
先日の山行で同行者がヤマビルに噛まれたのを見て買いました。ほんとうは「昼下がりのジョニー」が欲しかったのだけど。

僕自身はこの10年で、西部で1回と楠川前岳の登山道で1回だけ噛まれたことがあって、そんなものだったのであまり必要性を感じていなかったのですけど、先日噛まれはしなかったけど、白谷のもののけの森でもヤマビルを見たことがあって(あんなところで!シカにでもくっついて来たのでしょうか?)、自分はともかく、同行者が噛まれたときには必要だな、と思って買ったのです。

出番の無いことを願っていますが、備えあれはで〜す!
[PR]

by se-ji0038 | 2013-07-10 23:59 | 山道具

パスファインダーチェストバッグ

b0178335_1549412.jpg
 このバッグ、実はYNACの小原さんや、昨年屋久島に取材に来た鈴木みきさんが使っている(屋久島ブック 2012 のP12参照)のを見て欲しくなったのですが、検索してみると製造終了なのか?品切れしていました。

 で、もう少し良く調べてみると、ブランドを変えて発売されているのを見つけたのです。でも「黒」が無かった(ついこの前まで)。グレーやカーキにどうも抵抗があって購入をためらっていたのですが、GW中に花之江河ですれ違った登山者が、このバッグの黒をザックに取り付けているのを目撃したのです。
 
 で、検索してみると、新色として「黒」が出ていました(やったー!良かった、早まって他の色買わなくて)。ということで、早速注文してそれが手許に届きました。

 週末の山行より活躍して貰います!
[PR]

by se-ji0038 | 2012-05-09 15:48 | 山道具

腕時計

b0178335_4341982.jpg 注文していたプロトレックが手許に届いた。これでSUUNT X6 HRとは完全にさよならだ。どのみちもう動かないのだが、なんとなく処分しきれず手許に残してあった。

 X6の文字盤には幾つか大きな傷がある。それぞれの傷には思い出があり、一番大きな傷は2005年の屋久島山行の、永田岳西斜面でつけたものだ。大きな平岩の天面にクラックが入っており、そのクラックに根を突っ込んだヤクシマシャクナゲが花芽をつけていた。それを撮りに腹ばいになって身を延ばし、カメラを構えたときにつけた傷だ。そんな風にして、時計についた傷には撮影の記憶が同時に刷り込まれている。だから、動かないと分かっていてもなかなか処分できなかった。

 真新しいプロトレックを腕につけ、なんとなく新しいことが始まる予感がした。この春には屋久島6年目に突入だ。気持ちも新たに次のステージを撮って行こうと思う。僕は屋久島を撮りながら、いまいるところよりも、もう一段高いところを目指したいと思う。 
[PR]

by se-ji0038 | 2012-03-25 23:59 | 山道具

山の時計

b0178335_421585.jpg 2004年から使っていた、SUUNT X6 HR が故障した。高度ログなどが記録でき、パソコンのシリアルポートからそのログを取り出してグラフ化できるという機能に惹かれて買ったのだが、結局一度か二度その機能は使っただけとなってしまった(ハッキリいってソフトが使い辛かった)。
 しかし、これまで僕の山行を陰で支えてくれた時計、なんとか修理と思ったが、並行輸入品であったことから修理が難しいことが分かった。8年使ったので、元はとったということで、この時計はあきらめることにしたのだが、そうすると別の時計が必要となる。

b0178335_4244826.jpg そこで前々から欲しかった、SUNNTの黄色いVECTORを検討していた。しかしどうも周囲でSUNNTOの評判が良くない。

 SUNNTOの突然死は山ヤの中では結構有名なハナシのようなのだ。ではどの時計を?と聞いたら、「日本にはカシオ計算機があるじゃないですか!」と返された。そうか!プロトレックか!ということでプロトレックを調べ始めたという訳です。


b0178335_4305629.jpg で、色々検討した結果選んだのは、[カシオ]CASIO 腕時計 PROTREK プロトレック Triple Sensor ソーラー電波時計 MULTIBAND 5 マルチバンド 5 PRW-1500YJ-1JF メンズというモデル。

 プロトレックを使っている人に聞くと、電池交換で複数の電池を替えるので、その交換に結構費用が掛かるとのこと。だからソーラーモデルを勧められた。まためんどくさがりの僕には自動で時刻を合わせてくれる電波時計は魅力的だった。ソーラー+電波で探して、色々検討した結果、このモデルに落ち着いた(Amazonのカスタマーレビューも参考にしてみた)。

 ただ購入するには、それなりにいい金額。ちょっと悩んでしまったのだが、これから本格的な山シーズンに入るので、高度計のついた時計はどうしてもほしい。そんなとき、携帯電話のMNPを検討していて、auポイントがだいぶ溜まっていることに気がついた。MNPしたら、どうせ使えなくなるポイントなので、換算率は多少悪いが、auモールでプロトレックを買うことにした。全ポイント利用なら、追い金もそんなに負担にならない。
 
 ということで、先ほど面倒な会員登録などをやって無事注文が済んだところです。初めてのプロトレック、果たしてどんな時計でしょうか?ちょっとワクワク。
[PR]

by se-ji0038 | 2012-03-17 23:59 | 山道具

mont-bell トラベルショルダーM

b0178335_21264393.jpg iPad2をフィールドに持ち出すためにmont-bell トラベルショルダーM を買いました。

 実は、知っている方がこのトラベルショルダータイプのポーチを使っていまして、とても便利そうだったので僕もこのタイプを使ってみることにしたのです。使ってみた感想は、従来使っていたウエストポーチタイプのものより、高さがあってモノがたくさん入るので便利でした。

 またiPad2の長手方向の実測が243mmだったので、幅260mmのこのポーチに入るだろうと思って購入したのですが、結果はギリギリですが入りました。欲を言えば、もう10mmでも余裕があれば良かったのですが、なんとか使えます。

 そこで今日はフィールドで植物の撮影をするのにiPad2を持ち出して使ってみました。今日はEye-Fiカードではなく、Camera Connection Kit を使ってデータを取り込みましたが、やはりこのほうが安定して取り込めます。カメラの背面液晶で見落としていた細かなことも、iPad2の画面で確認するのは、パソコンの大きな画面で確認するのとそれほど違いが無いくらいの精度です。現場で細かな見落としが無くなると、撮影の質があがります。日帰りのロケには、これからiPad2が必需品になるかもしれません。 
[PR]

by se-ji0038 | 2011-11-22 21:41 | 山道具