無線カード

 Eye-Fi の独壇場だった無線カードの分野に、新たなメーカーが参入する。ひとつは東芝のFlashAir であり、もうひとつは、Trek 2000 の FluCARD だ。

 いずれも物理レイヤーのインターフェースはSD規格を採用しており、この小さな筐体の中に無線LANの機能が実装されている。

 機能面で僕自身が特に注目しているのは、無全LANルーターなど既存のネットワーク環境が無いところで、PCやタブレット端末などに直接画像転送できるということ。カメラの背面液晶では確認しきれない部分をロケ先で任意の端末に転送して確認するという使い方を想定している。

 Eye-Fi のダイレクトモードについて情報を取りこぼしていたが、こんかい検索していろいろ調べたら十分使えそうだということが分かった。問題は僕が使っているカメラがいずれもCF仕様のため、SD 未対応ということ。力技で使っている報告例もあるがちょっとリスキーな気もする。
[PR]

by se-ji0038 | 2011-09-13 05:50 | 電子機器

<< 港    ミラーレス機に関するウワサ >>