ビットレート

 SONYから A-77 NEX-7 NEX5Nなどの発表があって、その動画機能についてチェックしていたのだが、AVCHDVer2.0という見慣れない規格が出たきた。

 撮影フォーマットを見ると以下のようになっていた。

・画素数 1920×1080
・ビデオコーデック MPEG-4 AVC/H.264
・フレームレート 60p/60i/24p
・動画記録レート 60p(PS):約28Mbps(MAX)

 これまでビデオコーデックやフレームレートについてはなんとなく理解できてきたのだが、動画記録レート(平均ビットレート)という見慣れない規格に気がついた。単位がMbpsになっている。

 色々調べたのだが、従来のAVCHD規格(1.0?)ではこの動画記録レートがMAX24Mbpsとされていた。それが2.0なって28Mbpsまで引き上げられ、60p記録になったと理解した。

 動画の画質についてはややこしくてビデオコーデックなどの違いでも大きく差が出るようだが、現在のビデオコーデックの主流はMPEG-4 AVC/H.264なので、ここは前提として比較しても良いと思う。ではあと何が違うのか?と言えば動画記録レートになるのだ。

 そういう視点でD7000と5Dmark2の動画記録レートを調べてみたら、D7000は公表されていないが、D5100のページに18Mbpsという記述をみつけた。発売時期としてはD5100の方が新しいので、準じているのでは?と思っている。一方の5Dmark2についてだが、こちらも公表されていないが、インタビュー記事の中に25Mbpsという制限はないという回答があった。

 映画の制作現場の方から、後処理のことを考えると素材として5Dmark2の動画は有利だと聞いたが、このあたりが影響しているようだ。映画の制作現場で5Dmark2が使われる理由が分ったような気がした。
 
[PR]

by se-ji0038 | 2011-08-26 06:42 | 動画

<< PCリカバリー    Amazon予約開始 >>