龍神杉

b0178335_17215844.jpg 月末から益救参道が一般開放されるという。その前にという訳ではないが、龍神杉を見に行ってきた。おおよそ海抜200m付近から登り始めるこのコース、今の時期は早出しないと気温が高いので厳しい。日の出と共に登り始め、4時間ほどで龍神杉へ。

 なかなか壮観な杉。しかし、最初にこの杉を見た僕の感想は「あれは合体木だな」というもの。写真では分からないが、現物を目の前にしてじっと眺めていると、そんな気がしてくる。勿論僕は樹木の専門家ではないので、全く個人的な主観で、根拠はないのだが、江戸時代にこの杉が材に不適として切り残された理由を考えてみると、そういう結論が一つ浮上してくる。あるいは、この杉には何か霊的な力があり、当時の人は敢えて切り残したのだろうか?一人きりで竜神杉の前に座り、長い時間、そんなことを考えていた。
[PR]

by se-ji0038 | 2007-07-21 17:20 | 日々

<< 台風のつめ跡    荒川分れ >>